「男の薄毛」をモテない言い訳にできない事実

髪を失っても女性はそれだけで嫌わない

なぜ「薄毛」をモテない言い訳にできないのでしょうか?(写真:プラナ/PIXTA)

日本には、薄毛に悩む成人男性が1300万人、あるいは1500万人いるとも言われています。この人数がどのくらいかと言いますと、カンボジアの総人口(約1500万人)と肩を並べるくらいの規模です。

世界レベルで見てみましょう。日本のあるカツラメーカーは2009年に、「世界主要国の成人男性薄毛率ランキング」という調査結果を公表しています。

それによると、薄毛率世界第1位はチェコ(42.79%)、2位はスペイン(42.6%)、3位はドイツ(41.24%)、4位はフランス(39.1%)と軒並み欧州各国が続き、日本は世界14位の薄毛率約26%という結果が出ています。「世界14位なら、日本人に薄毛は多くはないのか……」と勘違いしてしまいがちですが、実はアジアではナンバーワン。

ちなみにそのカツラメーカーは、1982年から2009年まで不定期にこの調査を実施していました。その間、日本の成人男性薄毛率は、上昇する一方で一度も下がることはありませんでした。調査開始年の1982年は約16%だったのが、1990年では20%を超え、2000年代に入ると25%を突破します。その後の増加率は穏やかですが、男性薄毛率は右肩上がりに増えてきています。

これだけ多くの男性が同じ「薄毛」という症状であるのにも関わらず、あっけらかんとその事実を受け容れることができる人がいる一方、その事実を認めたくないと苦しむ人もいます。特に男性の場合は、「恥ずかしい」という感情を女性以上に表に出しません。そういう感情を表に出すのは男らしくないということで、一人で悩み、時には辛い苦しみを感じるケースが多いようです。

7割以上の女性が「ハゲ薄毛」を受け入れられる

ハゲ薄毛男性は決して万人受けするわけではありませんが、支持する層が確実にいることも分かっています。おおむね、女性たちは「ハゲも薄毛も、似合っていればOK」と思っているようです。

2016年11月、私は独自に「女性視点でのハゲ薄毛の男性に対する意識調査」(362名が対象)というアンケート調査を実施しました。

次ページ女性はハゲ薄毛にどんな印象を持っている?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発進!プログラミング教育

2020年度に小学校でプログラミングが必修化。6年後には新センター試験に導入。親が子どもにしてやれることは? 先進公立小学校の取り組みから夏休みの自由研究のネタまで紹介。