「男の薄毛」をモテない言い訳にできない事実

髪を失っても女性はそれだけで嫌わない

そして最後に、「ハゲ薄毛の男性に対する印象」について自由にコメントする欄を設けたところ、次のような、女性からの率直な意見やアイディアが並びました。

・変に隠すほうが変。個性としてオシャレな短髪にすれば気にならないし不快ではない。気にして隠す人は服装の清潔感などもない気がする。
・ハゲ薄毛で、清潔感がなく脂ぎっている人はどうしてもだめです。アンケートでは、恋愛対象にも結婚対象にもならない、と回答しましたが、スキンヘッドなら対象にすると思います。変にハゲ薄毛を隠そうとする髪形より、スキンヘッドのほうが潔さ、清潔感を感じます。
・日本人は自己、周囲ともにハゲを卑下し過ぎだと思います。似合っていれば(清潔感があれば)ハゲは何の恥でもないと思うし、自分が気にするほど周囲も気にしないと思う。一部のハゲの人達がカツラやバーコードスタイルなど変にハゲを隠そうとするから余計に世間から嘲笑の対象となり、ハゲを恥だと思う気持ちが増大するのかと思います。

など大変勇気づけられる言葉が並ぶ一方、こんな厳しい意見もありました。

・ 友人であれば、自分は全然気にしませんというスタンスですが、いざ恋愛一歩手前になった時に、薄毛やハゲでやめたことが2度ありました。頭では理解していても本能が拒否する「本音と建前」なんだと思いました。
・ 年寄りに見える。顔がカッコよくてもブサイクにみえる。バーコードが一番許せない。
・隠すなら分からないように隠す、隠さないなら堂々としてほしい。中途半端なスタイルだけは対応に困るので避けて頂けると幸いです。

このように、多くの女性は「清潔感のないハゲ薄毛は受け付けられない」、あるいは「変に隠すのはおかしい」としながらも、「スキンヘッドなら許せる」「薄毛であってもオシャレであれば容認できる」と思っていることが分かります。

もちろん、出会ったタイミングではハゲ薄毛でないほうが良いという意見もありますし、薄毛だから恋愛関係に進むことを踏みとどまったという声もあります。

ハゲ薄毛に対する認識が男性と女性では「非対称」

この女性たちのアンケート結果と声からいえることは、薄毛を隠している、あるいは隠していると取られかねない見た目や仕草をしている男性が好かれることはまずない、ということです。

『ハゲを着こなす ~悩みを武器にして人生を変える方法~』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

隠している「外見」自体が不潔に見える、また隠している「行動」が自信なさそうに見えるということで、女性たちは、外見と内面の両方を評価しているからだろうと思われます。

薄毛に悩み始める男性の多くは、髪が失われることで「モテなくなるのでは……」という恐怖を感じるかもしれません。その恐怖のあまり、反射的に隠す・増やすという行動をとってしまい、余計に女性達からの好感度が下がってしまう――そんな負のスパイラルが起きやすいのは、女性が男性の薄毛に対して持つ認識と、男性が男性の薄毛に対して持つ認識が「非対称」であるからと言えそうです。

もちろん、4分の1の女性が、ハゲ薄毛男性をアレルギー的に受け付けないと回答していましたが、このようにハゲ薄毛男性をなんてことないと抵抗なく受け容れることのできる女性のほうが、多数派であることを知っておいて損はありません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。