「洋菓子のヒロタ」、株主の反乱で社長が解任

雑貨イルムスも展開する21LADYで一体何が

「洋菓子のヒロタ」は2001年に民事再生を申請、2002年に21LADYが支援に乗り出し、2005年に再生が終了した。とはいえ業績は苦戦が続く(編集部撮影)

シュークリームで知られる「洋菓子のヒロタ」、北欧からの輸入雑貨販売「イルムスジャパン」を運営する上場会社、21LADYの藤井道子社長が、6月27日の株主総会で解任された。

藤井氏は2000年に21LADYを創業して以来、社長を続け、現在も33.4%を握る筆頭株主。同社の業績は長い間低迷し、ようやく2017年3月期に11年ぶりに営業利益が黒字化し、2018年3月期も黒字を維持するなど浮上の兆しも見えていた。その矢先の解任だけに、いったい何が起こったのか。

過半数株主が藤井社長再任に反対

きっかけは、2位の大株主で、16.8%を保有する投資ファンド「サイアムライジングインベストメント」からの株主提案だった。サイアムは今年4月、藤井氏を含む21LADYの取締役4人(うち1人は社外取締役で、今回新社長に就任した米道利成氏)に加え、新たに3人の社外取締役を選任すべきとの提案を行った。

営業利益が黒字化したとはいえ、経営には不安を抱いており、モニタリング機能をより強化すべきとの考えからだ。

一方、会社側は藤井社長を含む、取締役4人の再任案を提出。総会では、サイアム側の提案は承認されたものの、会社側の提案のうち藤井氏の再任だけは過半数の株主が反対し、否決されてしまった。関係者によると、藤井氏の再任にはサイアム側も反対したもようだ。

再任が否決された藤井道子社長(日本郵政の招集通知より引用)

藤井氏の再任否決を受けて、21LADYは直後の取締役会で米道氏を後任社長に選んだ。米道氏はサイアムの代表でもあり、1年前から21LADYの社外取締役を務めていた。この結果、米道新社長を含む6人の新経営陣のうち、4人がサイアムの関係者あるいは推薦した人物となった。

サイアムは、1997年に経営破綻した山一証券出身で食品会社などを経営する米道氏らによって昨年3月に設立された投資ファンド。昨年4月に、21LADYの大株主だった別の投資ファドから112万株を買い取り、2位の大株主になっていた。

その直後、業績低迷に苦しんでいた21LADYは、営業利益が2017年3月期に黒字化し、続く2018年3月期は純利益も黒字化するという見通しを公表。何年間も100円前後の“倒産株価”だった21LADY株は500円近くまで急騰。いったん200円前後まで下げたが再騰し、現在も400円台をキープしている(結局、2018年3月期は最終赤字で着地)。

次ページイルムスも苦戦が続いている
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。