JR貨物が足を引っ張る「JR北海道」の経営

貨物輸送量を平準化し道内の物流適正化を

月別の輸送状況(単位:1000トン単位)(筆者作成)
空コンテナの輸送状況(%)(筆者作成)

さらに、道内の主要な駅別発着貨物の状況を見ると、札幌ターミナル、函館貨物以外は発貨物が着貨物を上回っており、富良野、北見、帯広貨物などで特にギャップが大きくなっている。たとえば、帯広貨物でみると、発貨物40万8000トンに対して、着貨物は14万4000トンと3分の1程度にとどまっている。このため、少なくとも発貨物の3分の2以上が空コンテナとして帯広に運ばれていることになる。

コストに空コンテナ輸送の費用を織り込まずにきた

JR貨物としては数年前まで、慣行的に発地による貨物管理を行ってきたとのことであり、発地貨物のコストに、空コンテナ輸送の費用を織り込まずに料金設定をしてきたとみられる。したがって、片荷の度合いが大きい駅からの輸送は、採算的には赤字を余儀なくされているとみられる。こうしたなかで、北見からのタマネギ列車は、料金の値上げ、荷主側の保管や加工向け増量などにより、 3便を1便に減便し、旭川までは8割をトラックで代行輸送して、運行が継続されている。遅ればせながら、ピークカットや片荷解消に向けた取り組みが否応なく始まっていると言える。

次ページ経営上の大きな課題
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。