JR貨物が足を引っ張る「JR北海道」の経営

貨物輸送量を平準化し道内の物流適正化を

農産物輸送におけるJR貨物(1000トン単位)(図:北海道開発局「農畜産物及び加工食品の移出実態調査(2105年)」、 日本貨物鉄道北海道支社「鉄道貨物輸送年報(2014年度・2015年度)を基に作成
JR貨物の道内発貨物における農産品(1000トン単位)(図:日本貨物鉄道北海道支社「鉄道貨物輸送年報(2014年度・2015年度)を基に作成)

こうした本州方面の動きに道内方面の動きを重ね合わせて月別輸送状況を見ると、本州方面のピーク時には道内方面に月マイナス7万トンものギャップが生じる一方、ボトム時にも道内方面に月プラス5万トンものギャップが生じている。取扱い貨物は、ほとんどがコンテナ扱いのため、上記ギャップに伴い、空コンテナの輸送が不可欠となっている。

空コンテナ輸送が道外輸送のコストを押し上げている

道内方面の空コンテナ輸送は、9月から11月を中心に、7万9000個と全体の19%に達しているほか、本州方面も、4月から7月を中心に、4万個と全体の10%に達している。全体で見ると15%程度の空コンテナを輸送していることになり、85%で全体の輸送コストを負担する格好になっている。したがって、空コンテナ輸送が道外輸送のコストを2割程度押し上げていると考えられ、採算的にはかなり厳しい状況にあるとみられる。

次ページ発貨物の3分の2以上が空コンテナとして帯広へ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。