ベトナムで洪水死者15人、今後も増加の恐れ

ライチャウ省で洪水と地すべりが発生

 6月26日、ベトナム北部で洪水と地すべりが発生し、死者が15人となった。山間部ではさらに豪雨が予想されており、当局は犠牲者が増える可能性を指摘している。ライチャウ省で25日撮影(2018年 ロイター/VNA/Quy Trung)

[ハノイ 26日 ロイター] - ベトナム北部で洪水と地すべりが発生し、26日時点で死者が15人となった。山間部ではさらに豪雨が予想されており、当局は犠牲者が増える可能性を指摘している。

ハノイの北西470キロに位置するライチャウ省の当局者は、省内の犠牲者は子ども2人を含め少なくとも12人と説明。ロイターに、犠牲者の大半は23日以来の豪雨で発生した地滑りで生き埋めになったりしたと述べた。

また、「今後数日も降雨が予想されている。依然11人が行方不明で、死者数が増えることが懸念される」と述べた。

隣接するハザン省では鉄砲水で3人が死亡。被災地域全体で生じた住宅や道路、農作物への被害は1410億ドン(615万ドル)とみられている。

ベトナムは自然災害が多く、洪水や台風で毎年数百人が死亡している。政府によると昨年は、自然災害により389人が死亡、668人が負傷した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。