ジャガーのEV「I-PACE」はテスラと何が違うか

ラグジュアリーEVの激戦がついに始まった

少し前まで経済誌などで「EV時代は到来するか?」という記事をよく見かけた。最近ではもう少し現実的な議論が進み、IC(内燃機関のみで動くクルマ)と電動車(HV/PHV/EV/FCV)が混在する時代がしばらく続き、後者の比率が年々高まっていくという見方が大勢を占めるようになった。

電動車の内訳の推移についてはさまざまな見方があるが、車載バッテリーの技術革新に加え、車両の数に対する充電器数の充実度や充電の速度などが抜本的に進化しない限り、EVがHV/PHVのシェアを大きく上回るとは予測しにくい。またその比率を決めるのは経済合理性とは限らず、国策にも大きく左右される。

日産リーフは2010年末に発売され、先般ようやく国内販売累計10万台を突破した(グローバルでは30万台超を販売)。その後、いくつかのメーカーがEVを発売したが、リーフを脅かす規模で売れた例はない。テスラ「モデル3」の受注台数はそれを超えるとも言われるが、デリバリーの見通しは立っていない。一方でテスラはすでに2車種のラグジュアリーEVをヒットさせた実績をもつ。

EVはラグジュアリーな価格帯で有望

それやこれやを見極めてかどうか、老舗ジャガーはラグジュアリーEV、Iペイスを世に問うた。メルセデス・ベンツ、アウディ、ポルシェも近々同価格帯のラグジュアリーEVを市販する予定だ。このことから、現時点では自動車メーカーがEVをベーシックではなくラグジュアリーな価格帯でのみ有望なパワートレーンと見ていることがわかる。

それは見方によっては、速さ、豪華さが行きつくところまでいき、この先何をどうすれば買い替え続けてもらえるのかに行き詰まっていたプレミアムブランドたちが、新参者のテスラが示した“新しいラグジュアリーのかたち”を渋々認め、追随しているようにも見える。あるいは老舗メーカーが元々描いていたロードマップに突如テスラが割って入り、秩序をかき乱したのかもしれない。

いずれにせよ、1000万円級EVの戦いの火ぶたは切られた。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT