ジャガーのEV「I-PACE」はテスラと何が違うか

ラグジュアリーEVの激戦がついに始まった

電気モーターの特性として発進と同時に最大トルクを発するため、スタートダッシュはかなり鋭く、背中をシートに強く押し付けられる。しかもその鋭い加速がほぼ無音で繰り広げられるところが、過去のどのジャガーとも異なる。ただし、従来のけたたましい音をたてるジャガーから乗り換える顧客が寂しがらないように、アクセル操作に連動して疑似排気音を車内に響かせることができるギミックも備わっている。

ただしテスラ「モデルS」や「モデルX」のパフォーマンスモデルのように0-100km/h加速が2秒台といった過激な加速力は備わっていない。130年を超える自動車史において突如出現したといっていいシリコンバレー発の新興自動車メーカーの場合、存在感を示すためにCEOの発言にも商品の性能にも過激さが求められるのかもしれないが、ジャガーにはそれが必要ない。

それでも、内燃エンジンを載せたラグジュアリーモデルの争いがそうであるように、すでにラグジュアリーEVカテゴリーに参入することを表明しているメルセデス・ベンツ、アウディ、ポルシェあたりのプロダクトが出そろったら、ジャガー製EVにも埋没しないための何らかの過激さが必要になってくるかもしれない。

車重2トン超とは思えぬ身軽さ

早くからボディにアルミを用いてきたジャガー。バッテリー重量がかさむ分、他の部分で軽量化が求められるIペイスでもアルミボディを採用した。そのおかげというべきか、それでもというべきかわからないが、車重は2トンを超える。ところが、それとは思えぬ身軽さを備えていることが今回サーキットをドライブして確認できた。

Iペイスは一般にハンドリングのために理想的と言われる前後重量配分50:50を実現しているほか、バッテリーを床に敷き詰めるレイアウトのおかげで重心が低い。同じSUVでも同社の「F-PACE」(Fペイス)よりも130mm低いという。このためコーナーでアンダーステアやオーバーステアに悩まされることなくドライバーが狙ったラインをトレースできた。加減速時も車体はきわめて安定。Fペイス用を最適化したエアサスは路面状態を問わず快適な乗り心地を保ち、そのうえで路面追従性も高い。ハンドリングのよさと快適性の高さを非常に高い次元で両立している。

ところで、ジャガーのモデルラインアップは3つに分けられる。昔ながらのサルーン系は「XJ」「XF」「XE」と車名に「X」が付き、スポーツカーには「タイプ」(TYPE)が付く。そして最近加わったSUVにはすべて「ペイス」(PACE)が付く。

次ページEVであると同時にSUVなのだ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT