生活保護が命綱、幻聴に悩む31歳男性の苦境

コンビニバイトでは「罰金」が日常だった

10年前、コウキさんが地元を離れたいと思ったのは、刑務所を出所した直後。犯罪を繰り返すにつれ、父親や兄との関係が悪化したからでもあった。5年前にネットカフェで初めて幻聴が聞こえたのも、刑務所から出たばかりのことだったという。

一方で、コウキさんの物腰や口調は終始穏やかだった。喫煙者と聞いていたが、私がたばこを吸わないと知ると、長時間にわたる取材にもかかわらず、1度もたばこに火を付けようとしなかった。

「生活保護は俺の命綱です」

コウキさんは「ストレスを限界までため込んで、爆発するところがあるみたいです」と自身を分析する。そして、家族への気持ちをこう打ち明けた。

「父親からは『いつか人を殺すんじゃないか』とあきれられたけど、俺からは(育ててくれたことへの)感謝の気持ちしかありません。兄は、連絡先を聞いても教えてくれません。でも、それも俺のせいだから、仕方ないです」

取材中、コウキさんが薄い色が入った眼鏡を外し、目元を見せてくれた。どす黒いクマがあった。「昨日も眠れなかったんです。昼間は頭が痛くて、気持ちが悪くなります。働けない体になって初めて生活保護がどんな人に必要な制度なのかわかりました。生活保護は俺の命綱です」。

誰のせいなのか、という話をするならば――。彼が犯した罪は別にして、悪いのは、いじめの加害者であり、それを放置した学校や教師であり、アルバイトから搾取する会社であり、生活保護を食い物にする貧困ビジネス業者である。

不当な働き方を強いられたときには、行政機関や労働組合に相談するという手段があるし、生活保護の利用中に収入申告しないことは不正受給である、と指摘することは簡単である。しかし、彼はこれまでの人生の中で、どこでそれらを学べばよかったのか。

つい先日、コウキさんは担当ケースワーカーと相談し、行政の保護施設から賃貸アパートへと引っ越した。社会復帰に向けた第一歩である。

コウキさんが住むアパート。最寄り駅までは徒歩30分ほどかかるためバスを利用しているという(編集部撮影)

まだカーテンもない室内は、どこか心もとない。室内にあるのは、布団一式とわずかな衣類だけ。隅にはコンビニ弁当の空箱が5、6個積まれていた。洗濯機がなく、手洗いして窓際に干したというタオルからは生乾きのにおいがする。

とにもかくにも、コウキさんの新たな生活が始まった。

本連載「ボクらは『貧困強制社会』を生きている」では生活苦でお悩みの男性の方からの情報・相談をお待ちしております(詳細は個別に取材させていただきます)。こちらのフォームにご記入ください。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT