親の一方的な価値観の押し付けは時代遅れだ

「厳しすぎる父親」にわかってもらうには?

ただし父上があなたに求める将来像とあなたが追う将来の夢とが異なる場合、話は別です。親が敷いたレールに乗って嫌々就いた職業または家業だが、今ではそれがよかったと言う人もおられますが、親と折り合わず家出して自分の信じる道で頑張り、幸福な人生を歩んでいる人もいっぱいいます。いずれにしても、その道で努力することが欠かせません。

たとえば勇気様が芸術家志望なのに、父上が医師になる勉強を強要しているとします。その場合はほかの家族や知人からも説得してもらったり、対等な会話が不毛なら手紙などでも自分の思いを伝える努力をし、最終的には誰にも迷惑をかけない力を付けて独立してでも、自分が信じる道で努力するべきです。この種の妥協は遺恨になり、一生の後悔になる場合が多いからです。しかもほかのことでうまくいかない場合でも父親のせいにしてしまう、弱い人間になるリスクがあります。

しかし1つの悪い仮定で、あなたが勉強が大嫌いで、ゲームざんまいだとします。この場合はあなたに分はありません。学生の本分である勉強をしてからゲームをするべきです。この場合は、さまざまな理由をつけて勉強を後回しにするその癖が、親から独立後もあなたが苦労する原因になることを、父上は心配しておられるのだと想像します。

以上のように、厳しさのレベルと内容が不明ですので明言はできませんが、「父親に話しても否定されるだけ」とあきらめて不満をため込むだけでは、双方の不幸が続くだけです。不幸なことに生き方や進路をめぐる親子間の意見の相違は、多くの家庭でよくある話です。しかしながら、子どもが自分の志を貫いたあと、関係が修復した家庭は多いです。あなたなりの一生懸命努力している姿を行動で示しながら、あなたの言い分を少しずつでも認めてもらう努力をするしかありません。

親の愛を忘れてはいけない

あなたがいくら努力しても父上の要求が高すぎてついていけない場合など、問題は単純ではないと思います。高卒と同時に親から離れる人は多いですが、そしてあなたの年齢はわかりませんが、義務教育を終えていれば、そして誰にも迷惑をかけずに自活できるなら、最終的にはあなたの巣立ちの時期を早めるのは、当然の成り行きです。

あなたが親になった暁には、親の価値観の強要や厳しい教育はしないと決意しておられますが、それと責任放棄の放任教育とは別であることは留意なさってください。

何が言いたいかと申しますと、あなたの父上は、あなたをとても愛して育てておられると感じます。その教育法がふるく、間違っておられるだけです。その親の思いとは別にあなたが独立する場合にも、どうかその親の愛を忘れず、別の形ででもいつかはその愛に応えられるよう、幸福な人生を目指してください。そのためには今自分は何をすべきか自己責任で、つねに準備や努力を怠らないようになさってください。

自立への努力や自己責任が伴わず、“将来生活できなくなるリスクがあるのに好きなことだけやっている”という状況であれば、それは自由ではなく甘えです。ただ、自己責任で自立するかぎり、親の世代の価値観をいつまでも押し付けられる生活に甘んじる必要はなく、親の気持ちへの感謝(たとえその表現法が間違っていても)を持ちつつ、自己決定に責任を持ち頑張ることが、いちばん重要なのだと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。