アベノミクス相場の後半には、何があるのか

山崎 元が読む、ちょっと先のマーケット

秋の天皇賞は、武豊のトウケイヘイローが本命

日曜日は秋の天皇賞だ。近年、ジャパンカップとの賞金差が拡がって、往時ほどのレースの格がないように感じる。加えて、今年は、前日か当日に台風そのもの、あるいは台風による大雨の可能性があって、馬場が悪化する可能性を考える必要がある。

馬場悪化の可能性まで考えると、2000メートル3連勝の今夏の上がり馬トウケイヘイローを本命に推したい。2年前のトーセンジョーダン的なイメージの馬だ。二の足のある逃げ脚質なので、武豊騎手には合っている。彼が時々やる、スローペースのレースを後ろに構えて不発に終わる心配もない。ただし、馬場が悪化した時は、過剰な人気を負ってオッズが下がりすぎる可能性があり、ファンドマネジャー的には、この場合の扱いが難しい。

馬場が悪化してトウケイヘイローの単勝オッズが2倍半ばくらいまで落ちてくる場合、穴狙いの軸として狙いたいのは、前走、オールカマーを人気薄で勝ったヴェルデグリーンだ。この馬は、父が府中得意のジャングルポケットであることに加えて、母父が同じく府中でダービーを勝ったスペシャルウィーク、さらに母の母がオークス馬(当然、府中で)のウメノファイバー、という「超府中向き」の血統だ。

もちろんGⅠ実績馬であるジェンティルドンナとエイシンフラッシュは、どちらに来られても文句がいえない。対抗から単穴格で買う必要があろう。押さえは、2年前の気分を思い出した時のトーセンジョーダンと、前走、抜け出しがやや早かったことと、たぶん休み明けの分息が持たなかったダノンバラードの良化の可能性を買ってみたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT