株主総会で「人事案」の行方が注目される会社

機関投資家が厳しい目を向けている

こうした企業の総会では役員選任の是非が問われる。見逃せないのは、会社側の人事案に、機関投資家が反対票を投じる可能性が高まっている点だ。

銀行や保険会社といった機関投資家は、顧客から預かった資産の一部を株式で運用している。保有額は、主要市場の総時価総額に対し3割弱もあるが、これまで経営方針に異を唱えない「物言わぬ株主」の代表格だった。

そこで、金融庁は2014年に機関投資家の行動規範をまとめた「スチュワードシップ・コード」を公表。「目的を持った対話」(エンゲージメント)を通じて、投資先の企業価値を高め、顧客の利益の拡大を求めた。2017年5月には一部内容を改訂し、株主総会の議案に対し、議決権の行使結果を個別に公表するように促した。

不祥事に対しては「個別審議で判断」

これを受け、機関投資家も2017年夏ごろから賛否の開示を始めた。機関投資家は長期運用が柱であるがゆえ、「エンゲージメントを通じて、改善を図るのがスジ」(大手生命保険会社の担当者)。ある証券系の運用会社は、不祥事に対しては「程度や企業価値への影響、再発防止策などを勘案し個別審議を行って判断する」という。そのうえで両者とも、改善がなければ反対票を投じる構えだ。

総会直前の6月11日、三菱マテリアルは竹内章社長が代表権を返上し、会長に就く人事を公表した。会社側は経営責任の明確化に加え、「機関投資家との対話も考慮した」と説明する。

当記事は「週刊東洋経済」6月23日号 <6月18日発売>からの転載記事です

金融庁は3月、企業による持ち合い株式についても、保有目的や議決権の行使状況の開示を新たに求めた。

安定株主が減り、機関投資家も反旗を翻し、会社提案の役員人事が総会で否決される、そんな日が遠からず訪れそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。