UACJが異例の「人事撤回」会見に至った事情

登壇した2人は退任、筆頭株主に恨み節も

4月13日、人事案の撤回を発表するUACJの山内重德会長(左)と岡田満社長(記者撮影)

これまでに見たことのない会見だった。アルミニウム圧延で国内最大手のUACJは13日、首脳人事案の撤回を発表した。会見に臨んだ2人の会長と社長は、ともに代表権のない相談役に退く。自らの退任を発表する2人の表情は、終始硬いままだった。

会見冒頭で山内重德会長は今回の変更人事について「当初は代表取締役会長、副会長、社長の総力戦で経営に取り組むと考えたが、今回は新体制の下、山内と岡田(満社長)は一歩引いた状態でバックアップすることになった」と説明した。

人事案に筆頭株主が公然と批判

同社は2013年10月、古河電気工業のアルミ子会社・古河スカイと住友金属工業(現・新日鉄住金)系の住友軽金属工業が合併して誕生した。今回退任する山内会長は、当時住友軽金属の社長、岡田社長は古河スカイの社長だった。合併から4年半、山内-岡田体制が続いた。

異例の展開が始まったのは、合併後初の社長交代人事を発表した今年2月末からだ。人事案では、6月の株主総会後に、住友軽金属出身の石原美幸取締役兼常務執行役員が社長に昇格。他方、山内会長は留任し、岡田社長は代表副会長に就任する予定だった。山内会長が言う、「総力戦」への移行だ。

そこに待ったをかけたのが、筆頭株主で24.9%の株を保有する古河電工だった。古河電工は人事案が発表されると即座にリリースを公表。「山内会長・岡田社長体制による経営の実績を見ると、合併前に計画されていた合併効果の実現に至らず」「株価も合併前よりも下落」「(山内・岡田両氏が代表取締役として経営陣に残るのは)ガバナンス上の大きな問題をはらんでいる」と人事案を公然と批判したのだ。

大株主が会社の人事案に公開の下で反対を表明。しかもその大株主は、かつての”古巣”だ。古河電工の小林敬一社長は3月、新聞社のインタビューで改めて山内会長・岡田社長の退任を要求。「ほかの大株主や機関投資家も賛同してもらえると思う」と、株主総会での委任状争奪戦も辞さない構えを示していた。

次ページ古河電工との深い溝は埋まらず
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?