「笑っていいとも!」終了に思うこと

なぜこんなに長寿番組になったのか

それでもこの長きにわたって番組が継続されたのは、単にタモリさんに対する番組側からの遠慮やとりまき芸人と合わせた政治的交渉力だけではなく、番組に資金を提供しているスポンサー企業の意向やニーズを鑑みたとき、“そのつまらない日常的な番組構成”に一定の経済合理性があったものと考えられる。

「笑っていいとも!」のスポンサー企業からの影響?

「笑っていいとも!」が全然、面白くなかったのに、それでも視聴率が同時間帯ではトップクラスだったというのは、厳然たる事実だ。こちらに同番組のスポンサー企業一覧があるが、この昭和産業という製粉やぶどう糖の決して著名とも言えない企業が長年番組スポンサーをしてきたことは、やはり同時間帯の視聴者は主婦が多くて夕食の材料を売る同企業の対象顧客層と整合性が高かったのだろうか。

ほかの歴代スポンサーにもミスタードーナツ、ダイドードリンコ、ミツカンなどフードメーカーが多い。ほかにはアート引越センターがスポンサー企業なのも、引っ越しの手はずを整えるのはお母さんたちが多いからであろうか。それとも単に番組関係者と創業社長の仲が良くて、広告会社を度外視してタニマチ的に番組を育てよう、とかいう昭和のノリなのだろうか。

ともあれ、この手の企業のブランドイメージとして、先鋭的な研ぎ澄まされた笑いは必要とされておらず、むしろ退屈でも“いつもの日常の光景がそこにある”という安心感が、「笑っていいとも!」の構成に影響を与えていたのかもしれない。

新番組の視聴率はさらに低迷する可能性

「笑っていいとも!」がついに終焉を迎え、今後、かけこみ需要的に視聴率は若干の改善を見るだろう。これは人気の衰えたプロレスラーやアイドルが引退興行で最後に観客を引き寄せて一儲けするのと同じ構造である。ただ、大変なのはその後の新番組だ。

フジテレビ側としては視聴率低迷のテコ入れとして新しい風を……と思っているのであろうが、後釜番組は話題性だけで当初は「いいともの後釜ってどんな番組なのだろう?」と好奇心を抱く層から一時的に見られても、仮におなじみの変わり映えのしないSMAPの中居さんなどがメインを務めるのであれば、早晩、彼等は離れていく。

そして予想されるのは、誰がタモリに入れ替わったところで、後釜番組の視聴率は、低迷する「笑っていいとも!」の視聴率よりもおそらく下がるだろうということだ。これはリストラの必要に迫られて、虎の子までリストラしてさらに右往左往する企業を思い起こさせる。

次ページ「いいとも!」はもはや無形文化財の領域だった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT