30年痴漢をし続けた加害者が打ち明けた心情

痴漢常習者は、なぜ捕まってもやめないのか

「痴漢加害者」の実像とは?(写真:tarousite / PIXTA)
「痴漢をしているときは、興奮した状態にあったと思いますけど、勃起していないことも多かったんです。だから、性欲を満たすという感じではなかったと思います。なんていうか、女性に触れていることに対して、安心感のようなものがあって……。大学で電車通学が始まってから痴漢するのが日常化して、本当にひどい痴漢を始めたのは社会人になってからです」
30年間、痴漢をし続けてきたという男性。なぜ痴漢をしていたのか、なぜやめられなかったのか。会員登録制ウェブメディア『リディラバ・ジャーナル』が3時間にわたって話を聞いた。
なお、リディラバ・ジャーナルの特集「痴漢大国ニッポン:「社会問題」として考える痴漢」は被害者、加害者、専門家など多様な当事者へのインタビューをもとに10本の記事で構成されている。本記事はその中から加害者へのインタビューを転載したものである。

小学校の頃に妹の身体を触わっていた

ーーいつ頃から痴漢をするようになったんですか。

高校生の頃、数回ですが、バスの中で女性の身体に触れたことがありました。本格的にやり始めたのは大学に入ってから。私は今58歳なんですけど、痴漢で捕まって最後に刑務所から出所したのが48歳なので、30年ぐらい痴漢をし続けていました。通学中や通勤中の電車内でほとんど毎日やっていました。

当記事は「リディラバジャーナル」からの転載です(元記事はこちら)。同サイトは有料会員制メディアです。なぜリディラバが、課金型メディアに挑戦するのか。どのようなメディアを読者と作り上げていこうと考えているのか。リディラバの考え方はこちらを御覧ください。

ーー痴漢のきっかけになるようなことはあったのでしょうか。

きっかけは思い出せないんですけど、女性の身体を触るということで言えば、2歳下の妹がいて、小学校の頃に妹の身体を触わっていたのが最初です。身体というか、もっぱら性器です。妹は抵抗していました。なぜそんなことをしていたのかはわかりませんが、興味本位だったんだと思います。そうした延長線上に痴漢があったのかなと。

痴漢をしていたのも、もともと女性とのコミュニケーションがあまり得意ではなく、女性と会話してお付き合いをするという流れをショートカットして触っていたんだと思います。だから性的な欲求というよりは、女性とのコミュニケーションのつもりでした。

次ページ20代前半くらいの女性に繰り返し痴漢した
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。