テスラがこの段階で社員を9%削減する事情

経営構造簡素化の一環

テスラは従業員を削減する(写真:REUTERS/Mike Blake)

電気自動車メーカーのテスラは、モデル3セダンの生産増計画に影響を与えることなく、コスト削減と黒字化を果たすことを狙っている。数千人規模の人員削減を行うことを明らかにしたのは、そのための施策だ。

イーロン・マスク最高経営責任者 (CEO) は6月12日、従業員宛ての電子メールで、人員削減はテスラが5月に約束した経営構造簡素化の一環だと伝えた。

「この取り組みの一環として、コスト削減と黒字化のため、従業員の約9%を削減するという難しい決断をした」

「社全体として人員削減を行うが、生産部門の社員は削減の対象には含まないため、今後数カ月でモデル3の生産目標を達成するための生産能力には影響はない」

週間生産目標5000台は不変

テスラは、最初の生産上の問題に直面した後、モデル3セダンの週間生産目標を5000台にすることを試みてきている。先週マスク氏は6月末までに目標を達成すべきだと述べた。

テスラの株価は7%上昇し、3.6%上昇して344.18ドルとなった。

次ページアナリストの評価は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT