テスラがこの段階で社員を9%削減する事情

経営構造簡素化の一環

テスラは従業員を削減する(写真:REUTERS/Mike Blake)

電気自動車メーカーのテスラは、モデル3セダンの生産増計画に影響を与えることなく、コスト削減と黒字化を果たすことを狙っている。数千人規模の人員削減を行うことを明らかにしたのは、そのための施策だ。

イーロン・マスク最高経営責任者 (CEO) は6月12日、従業員宛ての電子メールで、人員削減はテスラが5月に約束した経営構造簡素化の一環だと伝えた。

「この取り組みの一環として、コスト削減と黒字化のため、従業員の約9%を削減するという難しい決断をした」

「社全体として人員削減を行うが、生産部門の社員は削減の対象には含まないため、今後数カ月でモデル3の生産目標を達成するための生産能力には影響はない」

週間生産目標5000台は不変

テスラは、最初の生産上の問題に直面した後、モデル3セダンの週間生産目標を5000台にすることを試みてきている。先週マスク氏は6月末までに目標を達成すべきだと述べた。

テスラの株価は7%上昇し、3.6%上昇して344.18ドルとなった。

次ページアナリストの評価は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT