新幹線殺傷事件は、もはや「想定外」ではない

事件の4日前に訓練を行っていたのだが…

JR東海は毎年テーマを設定して、訓練を実施している。テロ、自然災害、車両故障ーー。予告なしに襲う突然のトラブルを高速で走る新幹線はどう対処するか。新幹線開業以来半世紀にわたってさまざまな対策・訓練を講じており、それによってトラブル時の対応能力を高めてきたことは間違いない。

JR東海は毎年テーマを設定して大規模な訓練を実施している(撮影:尾形文繁)

しかし、それでも「想定外」のトラブルは起こりうる。新幹線鉄道事業本部運輸営業部の辻村厚部長は「たとえ想定外の事態が起きたとしても、乗客の安全が最優先という基本姿勢は変わらない」と断言する。

JR東海は確固たる手だてを講じるべき

列車運行に伴う、つまりJR東海に責任が生じるようなトラブルについては、「想定外」の事態が起きても乗務員の咄嗟の判断で乗客の安全が確保できるだけのノウハウが蓄積されつつある。しかし、意図的に引き起こされるテロ行為などの「想定外」を現状の対策でどこまで防ぎきれるか。

防犯カメラの設置といった受け身的な対策では防ぎきれないし、乗務員の対応に委ねるのも限界がある。各列車に専門的な訓練を受けた警備員を常駐させることが必要になるかもしれない。あるいはスムーズな乗車が損なわれることを覚悟のうえで、改札時の手荷物検査を導入する必要があるかもしれない。

もはやテロ行為は「想定外」の事態とはいえない。現実に繰り返されている危機を前に、JR東海は確固たる手だてを講じるべきだろう。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。