セルフ飲食店で「席取り」して盗難にあう悲劇

注文前に席の確保を勧める店側の責任は?

店側が預かった荷物がなくなったり壊れたりした場合には、不可抗力(たとえば災害など)でないかぎり、損害賠償請求ができる(商法594条1項)が、席取り用に置いた荷物はこれにはあたらない。お店が預かった荷物ではないからだ。

店員が不注意でなくしたり壊したりした場合にも損害賠償請求ができる(商法594条2項)が、これもあたらないだろう。

要するに店内で席取り用に置いた荷物に関しては、盗難に遭ってもお店に責任は問えない可能性が高いということだ。その意味では自己責任であり、高価なモノを置きっぱなしにしないように十分注意をする必要がある。

どのような対策が考えられるか

お店側も、席取りにふさわしいモノを持たない消費者もいるのだから、席取り専用のプレートを用意する必要もありそうだ。

席取りのために札を用意しているお店もあります。写真はイメージ(写真:baitooooooong / PIXTA)

さらには、事前の「席取り」をやめて、スタッフが空席を確認したのちにオーダーを取るようにするなどの対策もすべきと思う。

いずれにしても、大事な荷物が盗まれたら消費者も店側も嫌な思いをするし、消費者自身の事後対応はたいへんだ。

英語にはストリートワイズ(streetwise)という言葉もある。その地域で生き抜く常識を理解しようという意味だ。

残念ながら日本も安全はタダではないことを再確認する必要がある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT