ドルが対ユーロで一時約2年ぶり安値

予想下回る米雇用統計受け

10月22日、序盤のニューヨーク外為市場では、9月の米雇用統計が予想を下回ったことを受けて、ドルが対ユーロで約2年ぶりの安値をつけた。写真はドル紙幣を数えるヤンゴンの両替商。5月撮影(2013年 ロイター/Soe Zeya Tun)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 22日序盤のニューヨーク外為市場では、9月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数の伸びが予想を下回ったことを受けて、ドルがユーロと円に対して下落、対ユーロで約2年ぶりの安値をつけた。

ユーロ/ドルは一時、1.3748ドルと2011年11月14日以来の高値水準をつけた。直近では0.3%高の1.3726ドル。

ドル/円は97.86円まで下げる場面があった。直近ではほぼ横ばいの98.16円。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。