ドルが対ユーロで一時約2年ぶり安値

予想下回る米雇用統計受け

10月22日、序盤のニューヨーク外為市場では、9月の米雇用統計が予想を下回ったことを受けて、ドルが対ユーロで約2年ぶりの安値をつけた。写真はドル紙幣を数えるヤンゴンの両替商。5月撮影(2013年 ロイター/Soe Zeya Tun)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 22日序盤のニューヨーク外為市場では、9月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数の伸びが予想を下回ったことを受けて、ドルがユーロと円に対して下落、対ユーロで約2年ぶりの安値をつけた。

ユーロ/ドルは一時、1.3748ドルと2011年11月14日以来の高値水準をつけた。直近では0.3%高の1.3726ドル。

ドル/円は97.86円まで下げる場面があった。直近ではほぼ横ばいの98.16円。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT