ソフトバンク、GM子会社に22.5億ドル出資

自動運転車部門に出資、GMの株価が急騰

ソフトバンクのビジョン・ファンドはGMの「クルーズ」に22億2500万ドル出資することを発表した(写真:REUTERS/Elijah Nouvelage)

[ロイター] 日本のソフトバンクグループは5月31日、ゼネラル・モーターズの自動運転車「クルーズ・オートメーション」の持株会社に22億2500万ドル出資すると発表した。朝方のこの発表を受けてGMの株価は午後の取引で10.3%上昇して41.72ドルに。2009年の倒産から再上場して以来、1日の上げ幅としては最大になった。

総額1000億ドルを目指すソフトバンク・ビジョン・ファンドによる今回の投資は、世界的に有名なテクノロジーファンドからの自動運転車技術への投資としては最大の投資の1つになる。

GMも11億ドル追加出資

クルーズの持株会社にはGMも11億ドル追加出資する。今回の資金は、GMが来年の発表を目指している、自動運転車の開発を後押しすることになる。今回、ソフトバンク・ビジョン・ファンドは2年前には10億ドルと評価されていたクルーズの価値を115億ドルで評価している。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドはクルーズの持ち株会社に2段階に分けて投資を行う。まず9億ドルを投資し、自動運転車が実用化された来年、さらに13億5000万ドル投資するという。この2度目の投資を終えた段階で、ビジョン・ファンドの出資比率は19.6%となる。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。