ソフトバンク、GM子会社に22.5億ドル出資

自動運転車部門に出資、GMの株価が急騰

ソフトバンクのビジョン・ファンドはGMの「クルーズ」に22億2500万ドル出資することを発表した(写真:REUTERS/Elijah Nouvelage)

[ロイター] 日本のソフトバンクグループは5月31日、ゼネラル・モーターズの自動運転車「クルーズ・オートメーション」の持株会社に22億2500万ドル出資すると発表した。朝方のこの発表を受けてGMの株価は午後の取引で10.3%上昇して41.72ドルに。2009年の倒産から再上場して以来、1日の上げ幅としては最大になった。

総額1000億ドルを目指すソフトバンク・ビジョン・ファンドによる今回の投資は、世界的に有名なテクノロジーファンドからの自動運転車技術への投資としては最大の投資の1つになる。

GMも11億ドル追加出資

クルーズの持株会社にはGMも11億ドル追加出資する。今回の資金は、GMが来年の発表を目指している、自動運転車の開発を後押しすることになる。今回、ソフトバンク・ビジョン・ファンドは2年前には10億ドルと評価されていたクルーズの価値を115億ドルで評価している。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドはクルーズの持ち株会社に2段階に分けて投資を行う。まず9億ドルを投資し、自動運転車が実用化された来年、さらに13億5000万ドル投資するという。この2度目の投資を終えた段階で、ビジョン・ファンドの出資比率は19.6%となる。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。