首都圏「大地震で大津波が来る駅」ランキング

神奈川県の駅がズラリ、東京と千葉は?

「駅から津波避難所到着まで10分をめどに、対策や訓練を行っています。社員による降車訓練では、車両ドアを開け、それに合わせてはしごを設置し全員が降りるまで2~3分でした。実際にお客様が多数乗られている時は3~4分かかるでしょう。避難所までの実踏訓練も年3回行い、そのほか乗務員単体、駅員単体でも個別の訓練を行っています。駅では災害時ハンドブックの配布や避難所への地図も掲げてあり、駅員無配置駅は、有人駅より放送で避難の案内を行います」(江ノ電鉄道部運転車両課)

筆者はこれまで主に首都圏の鉄道会社に対して、災害時の対応などを取材してきたが、江ノ電は、海辺を走るだけあり、津波に対する対策と訓練は他の鉄道会社より熱心に行われている。社員の意識も高く感じる。

海岸近くの駅では避難所確認を

津波避難場所のビルなどを示す看板(片瀬江ノ島駅付近)。海岸沿いの駅に行く場合は、万が一に備えて津波の際の避難場所を確認する習性を身につけよう(筆者撮影)

だが、まだ課題は残る。実際の満員の列車で高齢者も多く乗車している場合は、降車にもっと時間がかかるかもしれない。鎌倉市や藤沢市と連携して、市民などによる降車、避難訓練も必要だろう。また近年多い台湾、中国、韓国、欧米など、外国人への多言語による案内板、アナウンスなど自治体とともに検討を望みたい。

今回はJRの対応まで触れることはできなかったが、海岸近くの駅に行く時は、津波避難場所を確認する習性をつけておきたい。

<ランキング表補足>
各都県ではこれまで数回にわたり津波浸水予測図(ハザードマップ)を改訂してきた。神奈川県では平成24年3月に「津波浸水予測図」を発表した。同県ではさらに平成27年2月に「津波高さ」と「浸水域」が最大となる「津波浸水想定図」を公表している。これは発生頻度が2000~3000年以上とされる相模トラフ沿い最大クラスの地震など最新の科学的知見を加味したもので、平成24年の予測図より多くの場所でやや高い津波を想定している。
ただし、鎌倉市の「かまくら防災読本」はじめ一般に流布している津波ハザードマップは平成24年版であること、鎌倉市HPにもそれが掲載されていることなどにより、ランキング表は平成24年のものを基に作成した。
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT