京王「あそびの森」で狙う子育て最強路線の座

多摩動物公園駅に子ども向け新施設開業

2階を1周するSL「ハグハグトレイン」(提供:京王電鉄)

施設内の遊具は「木育・体育・知育」をコンセプトにさまざまなものが置かれている。大きなものとしては日本最大級の高さ12m、直径15mのネット遊具「ハグハグのき」や1周約200mを3分かけて運行する屋内ミニSL「ハグハグトレイン」が目玉として置かれ、私が訪れた4月の平日も人気を博していた。

大迫力の「ハグハグのき」(提供:京王電鉄)

1度に80人が入れる「ハグハグのき」は4層になっており、思い切り体を動かすことができる。ミニSLは2階を周回し、空を走るイメージになっている。ほかにも多摩産の木材を使った遊具やボルダリング体験ができる壁などもあり、こちらも子どもたちが元気いっぱいに身体を動かしていた。

「昨今は子育てにおいて遊びの質が重要視されている。小さいうちに頭と体を使うのはその後の発育にいい影響を与える。近年こうした考えに基づいた遊び場が増えているが、多摩動物公園周辺にはまだなかった。このエリアには多摩動物公園と京王れーるランドがあり、こうした新しい施設をつくることで相乗効果を生み出すという狙いもある。多摩動物公園駅周辺エリアの魅力をさらに高めることで、子育て世代に優しく魅力のある場所というイメージも高めていきたい」(露木課長補佐)

施設利用者以外も入れるカフェ

「京王あそびの森 HUGHUG」内にあるカフェは京王レストランが運営する(提供:京王電鉄)

人気なのは遊具だけではない。併設されているカフェも好評だという。実際に4月の平日の午後に取材した際は、座る席を少し探さなければならないほどに混んでいた。設置の理由としては多摩動物公園駅周辺にカフェが少ないという事情もあるという。そこで、「京王あそびの森HUGHUG」利用者でなくてもカフェの利用ができるようにした。実際にカフェのみの利用者も多いという。

「京王あそびの森HUGHUG」は子どもの利用料金を時間課金制(入館30分まで600円、以降15分延長毎に200円課金)としているが、カフェを利用している時間は課金されない。また、れーるランドや動物園に行ってまた戻ってくるということもできる。京王電鉄の広報は「3施設で1日でも遊びきれないくらいの場所として今後PRしていきたい」とエリアの回遊性をアピールする。

次ページ「安心できる」が「ちょっと高い」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT