100年後も残る輝きを届ける宝飾界のプリンス

新世代リーダー 梶 武史 ジュエリーデザイナー

「未来のアンティーク」を目指して

口が開閉する「スカル」(どくろ)のシリーズは、デザインに加え、日本人ならではの精巧さが評価され、外国のセレブにも密かな人気だ

「ジュエリーは我が家のファミリービジネスです。ですから、目標を問われれば、まずは、父の創作ポリシーである“クラシック&モダン”を正しく継承し、広めていくこと。そして、100年後も残る本物、すなわち、“未来のアンティーク”を目指したいと思っています」。

より若い世代、幅広い層に向けて「本物の魅力」を伝える努力のなかからは、予想外の大ヒットアイテムも生まれた。口が開閉する「スカル(どくろ)」のシリーズがそれだ。従来は、ファッションアクセサリーとしてのシルバー製品しか存在しなかったスカルを、18金とダイヤモンドを使い、繊細な細工の「本物のジュエリー」に仕立てている。

「ファッションのモチーフとしてはダークな印象の強いスカルですが、古くは“死を思うことで生を謳歌する” “骨になるまで添い遂げる”といった意味がありました。17世紀頃には結婚指輪も存在していたんですよ。うちのスカルは開いた口のなかに一粒の真っ赤なルビーがセットされています。命の象徴なんです」。

今後は海外へ向けて作品を発表する機会も増えそうだ(日本ジュエリー大賞授賞式で)

単なるファッションとして表面を綺麗に整えるだけではなく、卓越した匠の技をもって、文化的な背景までをも表現していく。それこそが、「本物」の証といえそうだ。

「将来は、海外に向けても作品を発表してみたいですね。江戸の飾り職人からつながる日本の匠の技術とセンスは本当に素晴らしい。ぜひ海外の方にも知っていただきたいと思います」。

愛や絆、永遠性など、ジュエリーが持つメッセージを、直接、ひとりひとりの顧客に向けて発信したい。そう微笑む武史氏の澄んだ目のなかに、古びた商習慣や常識から開放された自由なジュエリーの未来が、垣間見えるようだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT