ハワイ島火山の噴火、警戒レベル「レッド」に

「さらに激しくなる可能性がある」と警告

 5月15日、米ハワイ州ハワイ島で、キラウエア火山の活動が活発になり、今月3日の噴火以来初めて、航空機に対する警戒レベルが最も深刻な「レッド」に引き上げられた。吹き上がる火山灰を眺める人たち。ハワイ島キラウェア火山近くで撮影(2018年 ロイター/Terray Sylvester)

[パホア(米ハワイ州) 15日 ロイター] - 米ハワイ州ハワイ島で15日、キラウエア火山の活動が活発になり、今月3日の噴火以来初めて、航空機に対する警戒レベルが最も深刻な「レッド」に引き上げられた。

噴火により、火山灰や火山性ガスが火口から1万2000フィート(3657メートル)上空まで舞い上がり、島の南西部では降下した粉塵による視界不良や大気汚染への注意が呼び掛けられている。

米地質調査所(USGS)のハワイ火山観測所(HVO)は航空機に対する警戒レベルを「オレンジ」から「レッド」に引き上げるとともに、「火山活動はさらに激しくなる可能性がある」と警告した。

USGSによると、航空機への「レッド」警報は、飛行ルートに火山灰を舞い上げる可能性のある噴火活動が継続中であることを意味する。

山の側面の亀裂から流れ出た溶岩で、これまでに少なくとも37軒の建物が倒壊し、約2000人の住民が避難した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。