みずほ、19年3月期の当期利益は1.1%減計画

基礎的な収益力を高められるかが課題

 5月15日、みずほフィナンシャルグループが発表した2019年3月期当期利益予想は、前年同期比1.1%減5700億円となった。前期に不振だった市場部門のほか、対顧客部門の回復を図り、ほぼ横ばいの収益見通しとなった。写真は都内で昨年1月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 15日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループ<8411.T>が15日発表した2019年3月期当期利益予想は、前年同期比1.1%減5700億円となった。前期に不振だった市場部門のほか、対顧客部門の回復を図り、ほぼ横ばいの収益見通しとなった。

グループの本業収益を表す連結業務純益(投資信託関連損益含む)は同30.1%増の7000億円を予想する。会見した坂井辰史社長は「営業力の強化と生産性向上に取り組み、基礎的収益力を高める」と強調し、「反転攻勢の年にする」と語った。

前期に戻り益を計上した与信関係費用は約1700億円悪化の200億円の損失を想定。政策保有株式の売却などで株式関係損益は前年並みの1900億円を見込んだ。

坂井社長は市場部門で外債の損切りをしたほか、顧客部門では高採算の貸出金を増やしたり、個人金融資産の市場部門への導入などを進めると説明し、「稼ぐ力」を回復させるとした。

18年3月期当期利益は、同4.4%減の5765億円となった。連結業務純益は同比30.1%減の4578億円にとどまった。

経費率は72.1%と過去最悪。坂井社長は「経費はコントロールできたが、粗利が厳しかった」と説明した。連結業務純益の減益の主因は、市場部門の不振だが、マイナス金利の影響で資金利益も減少した。ただ、手数料ビジネスは微増となり、「下期から回復傾向を示している」(坂井社長)という。

 

(布施太郎)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT