インドネシア、警察の建物外でまた自爆攻撃

複数の警察官と一般市民が負傷

 5月14日、インドネシア第2の都市スラバヤで14日、警察の建物の外でバイクを使った自爆攻撃が起き、複数の警察官と一般市民が負傷した。写真は攻撃を受けて警戒するテロ担当の警察官。スラバヤで撮影(2018年 ロイター/Beawiharta)

[スラバヤ(インドネシア) 14日 ロイター] - インドネシア第2の都市スラバヤで14日、警察の建物の外でバイクを使った自爆攻撃が起き、複数の警察官と一般市民が負傷した。

同市では13日に3カ所のキリスト教教会を狙った自爆攻撃が発生し、13人の死者が出たばかり。

地元警察の報道官は「明らかに自爆攻撃だ」と述べ、警察官4人と市民6人が負傷したと明らかにした。

報道官によると、攻撃は現地時間午前8時50分(日本時間午前10時50分)に警察の建物の外にある検問所で起きた。

インドネシアのテレビで放映された監視カメラの映像では、検問所で車の隣にバイクが止まり、警察官が近付くと爆発する様子が映されている。

ジョコ大統領はメトロTVで、同市での一連の攻撃は「臆病者の行為」だと非難し、新たなテロ対策法案を可決するよう議会に要請。法案が通過しなければ、法律に代わる規制を導入すると表明した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。