インドネシア、警察の建物外でまた自爆攻撃

複数の警察官と一般市民が負傷

 5月14日、インドネシア第2の都市スラバヤで14日、警察の建物の外でバイクを使った自爆攻撃が起き、複数の警察官と一般市民が負傷した。写真は攻撃を受けて警戒するテロ担当の警察官。スラバヤで撮影(2018年 ロイター/Beawiharta)

[スラバヤ(インドネシア) 14日 ロイター] - インドネシア第2の都市スラバヤで14日、警察の建物の外でバイクを使った自爆攻撃が起き、複数の警察官と一般市民が負傷した。

同市では13日に3カ所のキリスト教教会を狙った自爆攻撃が発生し、13人の死者が出たばかり。

地元警察の報道官は「明らかに自爆攻撃だ」と述べ、警察官4人と市民6人が負傷したと明らかにした。

報道官によると、攻撃は現地時間午前8時50分(日本時間午前10時50分)に警察の建物の外にある検問所で起きた。

インドネシアのテレビで放映された監視カメラの映像では、検問所で車の隣にバイクが止まり、警察官が近付くと爆発する様子が映されている。

ジョコ大統領はメトロTVで、同市での一連の攻撃は「臆病者の行為」だと非難し、新たなテロ対策法案を可決するよう議会に要請。法案が通過しなければ、法律に代わる規制を導入すると表明した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT