中国の格付け会社が、米国を格下げ

中国以外では、あまり注目されていないが……

10月17日、中国の格付け会社「大公国際資信評価」が米国の信用格付けを「A」から「Aマイナス」に引き下げた。写真はワシントンで9月撮影(2013年 ロイター/Jonathan Ernst)

[シンガポール 17日 IFR] - 中国の格付け会社「大公国際資信評価」が米国の信用格付けを「A」から「Aマイナス」に引き下げた。格付け見通しは「ネガティブ」で維持した。

同社は記者発表文で、議会での土壇場の合意によってデフォルト(債務不履行)こそ免れたものの、債務の伸びが歳入や国内総生産(GDP)の伸びを上回るという根本的な状況は変わっていないと指摘。「従って、(米国)政府は依然としてデフォルト危機の瀬戸際に近づいており、この状況は予見できる将来に大きく緩和されることはない」との見方を示した。

同社の格付けはムーディーズやスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)、フィッチなどと分類が大きく異なっており、中国以外ではあまり注目されていない。

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。