中国の格付け会社が、米国を格下げ

中国以外では、あまり注目されていないが……

10月17日、中国の格付け会社「大公国際資信評価」が米国の信用格付けを「A」から「Aマイナス」に引き下げた。写真はワシントンで9月撮影(2013年 ロイター/Jonathan Ernst)

[シンガポール 17日 IFR] - 中国の格付け会社「大公国際資信評価」が米国の信用格付けを「A」から「Aマイナス」に引き下げた。格付け見通しは「ネガティブ」で維持した。

同社は記者発表文で、議会での土壇場の合意によってデフォルト(債務不履行)こそ免れたものの、債務の伸びが歳入や国内総生産(GDP)の伸びを上回るという根本的な状況は変わっていないと指摘。「従って、(米国)政府は依然としてデフォルト危機の瀬戸際に近づいており、この状況は予見できる将来に大きく緩和されることはない」との見方を示した。

同社の格付けはムーディーズやスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)、フィッチなどと分類が大きく異なっており、中国以外ではあまり注目されていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT