「クロちゃん」が嘘つきでも人気を集めるワケ

芸人としての意識の低さが笑いを生む

そもそもクロちゃんは初めから芸人志望だったわけではありません。女性アイドルの曲も原曲キーで歌えるほどの甲高い声の持ち主である彼は、アイドルを目指して松竹芸能に入りました。ところが、事務所の人に安田大サーカスの団長安田さんを紹介され、そこにHIROさんも加わって、なぜかお笑いトリオとして活動させられることになってしまいました。

元力士のHIROさんとアイドル志望のクロちゃんは、その時点では笑いのいろはも知らない素人同然の状態でした。ただ見た目のインパクトだけで芸人になることを求められたのです。セリフもまともに覚えられない2人に、団長安田さんは根気よく指導を続けていきました。虎や象などの猛獣がサーカスの団長に手なずけられるように、クロちゃんも少しずつ芸人として「調教」されていったのです。

そんな経緯でたまたま芸人になってしまったクロちゃんには、今でも芸人としての余分な自意識がほとんどありません。いまだに自分をアイドルのように思い込んで、ツイッターでも明るく前向きな言葉だけを並べています。

「他力本願」こそクロちゃんの才能

自分が笑いのプロであるという意識が高い人ほど、ドッキリ系の企画では「面白く見られたい」「結果を残したい」という自我が邪魔をして、自然なリアクションができなかったりすることがあります。そういう人の反応は見ている人の想定内に収まってしまいがちです。

しかし、アイドル気取りのクロちゃんには、芸人としての隠すべき内面がありません。自分がありのままで恥ずかしくない人間だと信じているからこそ、生身の姿を堂々とさらけ出して、演出する側の意図に100%身を委ねることができます。それがあの予測不能な面白さを生んでいるのです。

そして、その場しのぎのウソをついていることをどんなに追及されても、平気な顔でしらを切り続けます。なぜなら、クロちゃんの脳内世界では、クロちゃんこそが完璧なアイドルであり、クロちゃんこそが正義であり、そんなクロちゃんがウソをつくはずがないからです。常に「心の目隠し」をしているクロちゃんには現実が見えていません。だから、どんな忠告も批判の声も決して届かないのです。

長い歴史の中で、テレビバラエティの演出はどんどん緻密になっています。そこでは作り手が求めていることを細部にわたるまできちんとこなせるタレントが求められています。そんな時代だからこそ、クロちゃんがここまで重宝されているのでしょう。調教されることに慣れているクロちゃんには、流れに身を任せる「他力本願」という偉大な才能があるのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT