日産、ニスモとオーテックは一体何が違うか

似て非なる2つのサブブランドを徹底解剖

また、ニスモとオーテックの関係というのもそもそも少々複雑で、実はニスモがスーパーGT等を戦うレースマシンに載せるためのエンジンを開発しているのはオーテックだったり、あるいは前述のNISMOロードカーの一部、具体的にはジュークとZ以外のGT-R、セレナ、ノート、マーチの4台については、オーテック内に置かれたNISMOロードカーを手掛ける部署が開発に関与したりするという、ちょっとややこしい話となっていた。

それを整理すべく、2017年5月にオーテック内に新設されたのがニスモカーズ事業部だ。同事業部はそれまで日産、ニスモ、オーテックのそれぞれに散らばっていたNISMOブランドにかかわる人材やノウハウを1カ所に集約し、NISMOロードカーの企画から開発、販売戦略までを一手に担うことになる。従来の部署と同じく、日産本体ではなくオーテックの所属とされたのは、すでにコンバージョン車に関する豊富な知見や生産設備を有するからだ。

「NISMO」と「AUTECH」の違いは?

そんな次第だが、気になるのは「NISMO」と「AUTECH」にどのような違いがあるのかである。プレスリリースより抜粋すると、

「NISMO」と「AUTECH」は、スポーティーパフォーマンスと言う共通土台を持ちつつ、「NISMO」は日産のモータースポーツ活動をそのDNAとしてピュアスポーツを志向するブランドとして、一方「AUTECH」は走りの性能を「NISMO」と共有しながら、カスタムカーづくりで蓄積してきた職人のこだわりを注入したプレミアムスポーティ志向のブランド

だという。

お互い同じく「スポーツ」や「スポーティ」をうたいつつも、「NISMO」はピュア、「AUTECH」はプレミアムというニュアンスの違いがあり、そのため「NISMO」ではモータースポーツのDNAを受け継ぐパフォーマンスを想起させるスポーティなデザインを採用し、一方の「AUTECH」ではより高いプレミアム感や素材感を嗜好するユーザーに向けてクラフトマンシップを訴求するとしている。

執筆時点で唯一、「NISMO」と「AUTECH」の両方がラインアップされたセレナの場合、随所にレッドアクセントをあしらい、より気持ちを高揚させる刺激的なデザインとしている「NISMO」に対し、「AUTECH」では上質な素材とディテールにこだわり、エクステリアにメタル調フィニッシュ、インテリアにブルーのアクセントを配するなどして落ち着いたイメージと上品さを追求していることが見て取れる。

さらに、「NISMO」ではアルカンターラのステアリングホイールが付き、オプションでRECAROシートを選択可能としているところ、「AUTECH」ではセレナ唯一となる本革シートを設定するなどキャラクターに相応しい差別化が図られている。

次ページ肝心の走りについては
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「通いやすい」は「住みやすい」  <br>最強の通勤電車

鉄道各社のサービス改善競争は激化、路線間の格差が広がっている。利用客争奪戦で勝ち残る路線はどこか。混雑改善度ほか全7指標で東京圏32路線を格付け、新線・延伸計画の進度など、次の住まい選びを見据えて首都圏・関西路線を総点検した。