女子卓球、日本が「コリア」を下して決勝へ

南北合同チーム「コリア」に3─0で勝利

 5月4日、卓球の世界選手権、団体戦の女子準決勝、日本は韓国と北朝鮮による南北合同チーム「コリア」に3─0で勝ち、決勝に進出した。写真は日本の石川佳純(2018年 ロイター)

[4日 ロイター] - 国・地域別で卓球の世界一を争う世界選手権は4日、スウェーデンのハルムスタードで団体戦の女子準決勝を行い、日本は韓国と北朝鮮による南北合同チーム「コリア」に3─0で勝ち、決勝に進出した。

日本は伊藤美誠が3─0、石川佳純が3─2、平野美宇が3─1でそれぞれ勝利を収めた。5日の決勝で中国と対戦する。

石川は2016年リオデジャネイロ五輪個人1回戦で破れた因縁の相手、キム・ソンイ(北朝鮮)をフルゲームで制し、「最後は自分を信じることができた。リオの自分は克服できた」と述べた。

団体戦の男子準々決勝では日本が韓国に1─3で敗れ、6大会ぶりにメダルを逃した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発進!プログラミング教育

2020年度に小学校でプログラミングが必修化。6年後には新センター試験に導入。親が子どもにしてやれることは? 先進公立小学校の取り組みから夏休みの自由研究のネタまで紹介。