女子卓球、日本が「コリア」を下して決勝へ

南北合同チーム「コリア」に3─0で勝利

 5月4日、卓球の世界選手権、団体戦の女子準決勝、日本は韓国と北朝鮮による南北合同チーム「コリア」に3─0で勝ち、決勝に進出した。写真は日本の石川佳純(2018年 ロイター)

[4日 ロイター] - 国・地域別で卓球の世界一を争う世界選手権は4日、スウェーデンのハルムスタードで団体戦の女子準決勝を行い、日本は韓国と北朝鮮による南北合同チーム「コリア」に3─0で勝ち、決勝に進出した。

日本は伊藤美誠が3─0、石川佳純が3─2、平野美宇が3─1でそれぞれ勝利を収めた。5日の決勝で中国と対戦する。

石川は2016年リオデジャネイロ五輪個人1回戦で破れた因縁の相手、キム・ソンイ(北朝鮮)をフルゲームで制し、「最後は自分を信じることができた。リオの自分は克服できた」と述べた。

団体戦の男子準々決勝では日本が韓国に1─3で敗れ、6大会ぶりにメダルを逃した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT