女子卓球、日本が「コリア」を下して決勝へ

南北合同チーム「コリア」に3─0で勝利

 5月4日、卓球の世界選手権、団体戦の女子準決勝、日本は韓国と北朝鮮による南北合同チーム「コリア」に3─0で勝ち、決勝に進出した。写真は日本の石川佳純(2018年 ロイター)

[4日 ロイター] - 国・地域別で卓球の世界一を争う世界選手権は4日、スウェーデンのハルムスタードで団体戦の女子準決勝を行い、日本は韓国と北朝鮮による南北合同チーム「コリア」に3─0で勝ち、決勝に進出した。

日本は伊藤美誠が3─0、石川佳純が3─2、平野美宇が3─1でそれぞれ勝利を収めた。5日の決勝で中国と対戦する。

石川は2016年リオデジャネイロ五輪個人1回戦で破れた因縁の相手、キム・ソンイ(北朝鮮)をフルゲームで制し、「最後は自分を信じることができた。リオの自分は克服できた」と述べた。

団体戦の男子準々決勝では日本が韓国に1─3で敗れ、6大会ぶりにメダルを逃した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT