女子卓球、日本が「コリア」を下して決勝へ

南北合同チーム「コリア」に3─0で勝利

 5月4日、卓球の世界選手権、団体戦の女子準決勝、日本は韓国と北朝鮮による南北合同チーム「コリア」に3─0で勝ち、決勝に進出した。写真は日本の石川佳純(2018年 ロイター)

[4日 ロイター] - 国・地域別で卓球の世界一を争う世界選手権は4日、スウェーデンのハルムスタードで団体戦の女子準決勝を行い、日本は韓国と北朝鮮による南北合同チーム「コリア」に3─0で勝ち、決勝に進出した。

日本は伊藤美誠が3─0、石川佳純が3─2、平野美宇が3─1でそれぞれ勝利を収めた。5日の決勝で中国と対戦する。

石川は2016年リオデジャネイロ五輪個人1回戦で破れた因縁の相手、キム・ソンイ(北朝鮮)をフルゲームで制し、「最後は自分を信じることができた。リオの自分は克服できた」と述べた。

団体戦の男子準々決勝では日本が韓国に1─3で敗れ、6大会ぶりにメダルを逃した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。