「世界卓球」で日本は今度こそ打倒中国なるか

大黒柱の石川を筆頭に女子は10代選手が躍動

2018年の世界卓球、5月1日の試合でストレート勝ちをした伊藤美誠選手(写真:新華社/アフロ)

日本からも男女代表チームが出場し、連日熱戦を繰り広げている「世界卓球2018スウェーデン(団体戦)」(4月29〜5月6日/ハルムスタッド)が5月3日から、いよいよ決勝トーナメントに突入する。決勝トーナメントの模様は3日夜から、テレビ東京系列での放送も予定されている。

男女各24チームが6チーム×4組に分かれて行った予選グループリーグでは、女子がB組で1位通過。5戦すべてストレート勝ちのうえ、1ゲームも落とさない完勝で、各グループ上位3チーム計12チームによる決勝トーナメント準々決勝へ駒を進めた。一方、C組2位通過の男子は決勝トーナメント1回戦(ベスト8決定戦)からスタートする。

女子は平均年齢10代のチームで予選リーグ“完封”勝利

日本女子代表チームはかつてないほど充実した戦力で今大会に臨んでいる。

その顔ぶれは世界ランク3位で日本人トップの石川佳純(全農)、今年の全日本選手権3冠女王の伊藤美誠(スターツSC)、世界卓球2017ドイツ・シングルス銅メダルの平野美宇(日本生命)、伊藤とのペアで全日本選手権ダブルス優勝の早田ひな(日本生命/希望が丘高校)、そして15歳でシニア初代表入りを果たした長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)の5人。そのうち試合には3人が起用され、オーダーは対戦相手によって入れ替わる。

次ページ女子日本代表の特徴
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT