「世界卓球」で日本は今度こそ打倒中国なるか

大黒柱の石川を筆頭に女子は10代選手が躍動

2018年の世界卓球、5月1日の試合でストレート勝ちをした伊藤美誠選手(写真:新華社/アフロ)

日本からも男女代表チームが出場し、連日熱戦を繰り広げている「世界卓球2018スウェーデン(団体戦)」(4月29〜5月6日/ハルムスタッド)が5月3日から、いよいよ決勝トーナメントに突入する。決勝トーナメントの模様は3日夜から、テレビ東京系列での放送も予定されている。

男女各24チームが6チーム×4組に分かれて行った予選グループリーグでは、女子がB組で1位通過。5戦すべてストレート勝ちのうえ、1ゲームも落とさない完勝で、各グループ上位3チーム計12チームによる決勝トーナメント準々決勝へ駒を進めた。一方、C組2位通過の男子は決勝トーナメント1回戦(ベスト8決定戦)からスタートする。

女子は平均年齢10代のチームで予選リーグ“完封”勝利

日本女子代表チームはかつてないほど充実した戦力で今大会に臨んでいる。

その顔ぶれは世界ランク3位で日本人トップの石川佳純(全農)、今年の全日本選手権3冠女王の伊藤美誠(スターツSC)、世界卓球2017ドイツ・シングルス銅メダルの平野美宇(日本生命)、伊藤とのペアで全日本選手権ダブルス優勝の早田ひな(日本生命/希望が丘高校)、そして15歳でシニア初代表入りを果たした長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)の5人。そのうち試合には3人が起用され、オーダーは対戦相手によって入れ替わる。

次ページ女子日本代表の特徴
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。