アマゾン、シアトル新オフィス建設計画中止

シアトル市の課税法案議決を見極める意向

 5月2日、米アマゾン・ドット・コムはシアトル市内での新オフィス建設計画を中止するとともに、既に賃貸済みの別のビルにも入居せずにサブリース(転貸)することを検討していると発表。ウィーンで2012年、アマゾンのロゴ(2018年 ロイター/Leonhard Foeger)

[2日 ロイター] - 米インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は2日までに、シアトル市内での新オフィス建設計画を中止するとともに、既に賃貸済みの別のビルにも入居せずにサブリース(転貸)することを検討していると発表した。

大企業に対する課税法案の市議会採決を見極める意向という。

アマゾンの決定により、新オフィスで期待される7000以上の雇用創出への不透明感が高まった。また、新オフィスに絡んだ建設関連やその他のビジネスもリスクにさらされる可能性がある。

アマゾンは声明で、「市議会の議決結果を控え、シアトル中心街における『ブロック18プロジェクト』に関するすべての建設計画を中止する。最近リースしたビルの全スペースをサブリースすることも検討している」と指摘した。

シアトル市議会は14日、法案の採決を予定している。市議会は4月、同市内の大企業500社が対象となる課税法案を提出した。

シアトルのダーカン市長は地元紙に対し、「アマゾンの決定が幅広い雇用に影響することを深く懸念している」と語った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。