アマゾン、シアトル新オフィス建設計画中止

シアトル市の課税法案議決を見極める意向

 5月2日、米アマゾン・ドット・コムはシアトル市内での新オフィス建設計画を中止するとともに、既に賃貸済みの別のビルにも入居せずにサブリース(転貸)することを検討していると発表。ウィーンで2012年、アマゾンのロゴ(2018年 ロイター/Leonhard Foeger)

[2日 ロイター] - 米インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は2日までに、シアトル市内での新オフィス建設計画を中止するとともに、既に賃貸済みの別のビルにも入居せずにサブリース(転貸)することを検討していると発表した。

大企業に対する課税法案の市議会採決を見極める意向という。

アマゾンの決定により、新オフィスで期待される7000以上の雇用創出への不透明感が高まった。また、新オフィスに絡んだ建設関連やその他のビジネスもリスクにさらされる可能性がある。

アマゾンは声明で、「市議会の議決結果を控え、シアトル中心街における『ブロック18プロジェクト』に関するすべての建設計画を中止する。最近リースしたビルの全スペースをサブリースすることも検討している」と指摘した。

シアトル市議会は14日、法案の採決を予定している。市議会は4月、同市内の大企業500社が対象となる課税法案を提出した。

シアトルのダーカン市長は地元紙に対し、「アマゾンの決定が幅広い雇用に影響することを深く懸念している」と語った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT