フォードが北米でセダンから撤退する裏事情

レンタカー頼みは限界、米国2社の後を追う

オートチャイナ2018に出展したフォードのブース(写真:ロイター/Jason Lee)

フォードが北米でセダン販売から撤退へ――。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

衝撃的なタイトルのニュースが日本に飛び込んできたのは4月25日だ。ビッグスリーの一角であるフォードが、同日の決算発表に併せて、「マスタング」「フォーカスアクティブ」の2車種を除いた乗用車の北米販売を今後数年間で取りやめることを明らかにした。

具体名を挙げれば、「フィエスタ」「フォーカス」「フュージョン」「トーラス」などのセダンを中心としたモデルだ。フォードといえば言うまでもなく、1903年に創業した自動車メーカーとして知られる。自動車の大量生産方式を確立し、世に広めた老舗中の老舗メーカーが本国でこれだけの車種の販売から撤退するのは、かなりのビッグニュースといえる。

「セダンが売れないから」は正しくない

これを受けて日本では「フォードは北米でセダン販売から撤退へ」と報じているメディアがほとんどだが、実は正確ではない。そして、フォードが決断した理由を「セダンが売れないから」と解説するのも的を射ていない。そしてアメリカ国内のメディアですら、フォードの今回の動きを「業界初」としている記事もあるが、これも正しくない。

まず、フォードがアメリカ国内での販売を打ち切るのはセダンだけではない。フィエスタやフォーカスのハッチバックモデルもやめる。アメリカの報道のように「Car(アメリカでは乗用車の意味。ミニバンやSUVはピックアップとともにTruckの仲間)から撤退」というのが正確な表現だ。

後に残るのはスポーツカーのマスタングと、中国からの輸入が来年始まるフォーカスアクティブの2車種のみ。もっともこのフォーカスアクティブは、日本で言えばSUBARU「XV」のようなSUV(スポーツ多目的車)仕立てのハッチバック。見た目はまるっきりSUVだ。したがって厳密にフォードの乗用車で残るのは、なんとマスタングだけになる。

次ページ乗用車撤退の最大の理由
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。