JT、加熱式たばこの全国販売を6月に前倒し

増強した製造設備の稼働が安定してきたため

 5月1日、JTは加熱式たばこ「プルーム・テック」の全国販売を6月4日から開始すると発表した。増強した製造設備の稼働が安定してきたため、いったんは9月に後ずれさせていた全国販売時期を6月に前倒しした。写真は「プルーム・テック」のロゴマーク。2017年5月撮影(2018年 ロイター REUTERS/Issei Kato)

[東京 1日 ロイター] - JT<2914.T>は1日、加熱式たばこ「プルーム・テック」の全国販売を6月4日から開始すると発表した。増強した製造設備の稼働が安定してきたため、いったんは9月に後ずれさせていた全国販売時期を6月に前倒しした。

全国のコンビニでも販売へ

6月から一部のたばこ販売店で販売を開始し、7月2日からは、順次全国のコンビニエンスストアでも販売を開始する。

現在の販売地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、福岡県、札幌市、仙台市、名古屋市、広島市。

プルーム・テックのたばこカプセルについては、2018年に2億パック(40億本)販売との計画は維持する。デバイスは、18年4月中旬に累計200万台を突破した。18年1―3月期では、JTのRRP(Reduced Risk Products)関連売上高は83億円だった。

JTによると、1―3月期の国内たばこ総市場は2%台半ばの減少となった。紙巻きたばこが15.6%減と大幅に縮小する一方で、RRPは伸びている。たばこ総市場に占めるRRPは20%程度と推定している。

同社は、20年末までにRRP市場で40%のシェアを獲得することを目指している。RRPとは、喫煙に伴う健康リスクを低減させる可能性のある製品。JTは今後「高温加熱タイプ」と「プルーム・テックの進化版」という2つの新製品の投入を計画している。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。