JT、加熱式たばこの全国販売を6月に前倒し

増強した製造設備の稼働が安定してきたため

 5月1日、JTは加熱式たばこ「プルーム・テック」の全国販売を6月4日から開始すると発表した。増強した製造設備の稼働が安定してきたため、いったんは9月に後ずれさせていた全国販売時期を6月に前倒しした。写真は「プルーム・テック」のロゴマーク。2017年5月撮影(2018年 ロイター REUTERS/Issei Kato)

[東京 1日 ロイター] - JT<2914.T>は1日、加熱式たばこ「プルーム・テック」の全国販売を6月4日から開始すると発表した。増強した製造設備の稼働が安定してきたため、いったんは9月に後ずれさせていた全国販売時期を6月に前倒しした。

全国のコンビニでも販売へ

6月から一部のたばこ販売店で販売を開始し、7月2日からは、順次全国のコンビニエンスストアでも販売を開始する。

現在の販売地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、福岡県、札幌市、仙台市、名古屋市、広島市。

プルーム・テックのたばこカプセルについては、2018年に2億パック(40億本)販売との計画は維持する。デバイスは、18年4月中旬に累計200万台を突破した。18年1―3月期では、JTのRRP(Reduced Risk Products)関連売上高は83億円だった。

JTによると、1―3月期の国内たばこ総市場は2%台半ばの減少となった。紙巻きたばこが15.6%減と大幅に縮小する一方で、RRPは伸びている。たばこ総市場に占めるRRPは20%程度と推定している。

同社は、20年末までにRRP市場で40%のシェアを獲得することを目指している。RRPとは、喫煙に伴う健康リスクを低減させる可能性のある製品。JTは今後「高温加熱タイプ」と「プルーム・テックの進化版」という2つの新製品の投入を計画している。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT