全米が沸騰した「狂言誘拐」急転直下の全真相

疑惑のカップルが日本メディアに初告白

狂言誘拐疑惑で全米からバッシングされたアーロン(左)とデニース(写真:フジテレビ提供)

2018年3月。アメリカ・カリフォルニア州での裁判結果が地元紙の1面を飾った。「バレーホ市は250万ドル(約3億円)の損害賠償金を原告に支払うこと」。

バレーホ市から多額の賠償金を勝ち取ったのは、デニース・ハスキンズ(32)とアーロン・クイン(33)。3年前、全米から疑惑の目を向けられた狂言誘拐騒動、リアル版『ゴーン・ガール』の“主人公”だ。

判決から2週間、フジテレビ「目撃!超逆転スクープ 世紀の誘拐事件&奇跡の生還SP」取材班は、日本のメディアとして初めて2人のインタビュー取材に成功した。警察の思い込みによる発表に流され、冤罪に拍車をかけたメディアと民衆。前代未聞の冤罪被害者となってしまった2人に何が起きたのか。

身代金はたったの180万円…奇妙な誘拐事件発生

バレーホ市警に通報があったのは、2013年3月23日、午後1時55分。警察が駆けつけたのは市内に住むアーロン・クインの自宅。彼が語り始めたのは、かなり奇妙な「誘拐事件」の経緯だった。

事件が起きたのは11時間前の午前3時頃。7カ月前から同棲中の恋人・デニースと就寝中に、ボディスーツを着込んだ男が押し入り、デニースを連れ去った。スタンガンと拳銃で脅され、結束バンドで手足を拘束。黒いガムテープで目隠しされた水中ゴーグルをつけられ、ヘッドホンで事前に録音されたメッセージを聞かされた。そして液体を飲まされたアーロンは意識を失ったという。

「恋人が誘拐された」と訴えるアーロンだが、その話を聞けば聞くほど警察は彼への疑念を深めていく。まるでサスペンス映画のような手の込んだ犯行の一方で、アーロンの傍らには自身の携帯電話が残されていた。なぜ事件発生から通報まで11時間もかかったのか。1万5000ドル(約180万円)という身代金は誘拐事件としては安すぎる。犯人はご丁寧に結束バンドを切断するためのハサミを渡していた。アーロンは当日の朝、2人が勤務先の病院を休むと電話をしている……。

捜査官たちは当初から「アーロンがデニースを殺害して死体を遺棄した狂言誘拐」と見ていた。

警察での事情聴取は、実際は「容疑者の取り調べ」だった。オレンジ色の囚人服を着せられたアーロンは、ろくに食事や水を与えられることなく自由を奪われた。18時間の尋問を受け、うそ発見器にもかけられた。捜査官は「我々はデニースの遺体を探している。お前は冷血なモンスターだ」とののしったという。

次ページ真犯人からのメッセージも…警察は動かず
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。