全米が沸騰した「狂言誘拐」急転直下の全真相

疑惑のカップルが日本メディアに初告白

デニース誘拐の翌日、サンフランシスコ最大の新聞社で事件取材を担当するリー記者のもとに1通のメールが届く。差出人のアドレスは、アーロン・クイン。そのメールには「明日、彼女を解放する」というメッセージと共に39秒の音声ファイルが添付されていた。

幸せなカップルの人生は一変……恋人殺しの疑いまで。フジテレビ「目撃!超逆転スクープ 世紀の誘拐事件&奇跡の生還SP」は5月5日(土)21時から放送です(写真:フジテレビ提供)

「私の名前はデニース・ハスキンズです。私は誘拐されていますが元気です。きょうアルプスで飛行機事故があり、158人が亡くなりました」。当日のニュースを語るデニースの音声。デニースが生きている証だった。

しかし、突然誘拐された被害者にしては落ち着きはらったデニースの声に、リー記者は、強い違和感を覚えたという。

その後も「犯人」は新聞社と警察に「自分が真犯人だ」と証明するべくデニース誘拐時に使った“凶器”など複数の証拠写真を添えてメールを送りつけた。

しかし、警察の見立ては何も変わることはなかった。警察は、アーロンが時間設定機能を使いメールを送信したと見ていた。

デニース解放と警察が発表した「狂言誘拐」

このメールが届いた翌朝、誘拐事件発生から54時間後に事態は急展開する。誘拐されたデニースが姿を現したのだ。そこは連れ去られた自宅から650kmも遠く離れた場所。デニースの実家だった。

無事に保護されたデニースは意外な証言を繰り返す。「ケガはなく病院へは行かない」「犯人の顔は見ていない」。身代金は支払っていないのに解放されたデニース。何かを隠しているような態度にFBIは不審を抱く。

そしてFBIが用意した移送用の飛行機にデニースは現れなかった。被害者であるデニースが、なぜか失踪したのだ。

その夜、バレーホ市警はメディアを集め緊急会見を開く。「これからは2人を事件の被害者、目撃者として扱いません。2人の主張は証明できない。これが捜査の結論です。24時間態勢で行った捜査が無駄なものだったと想像してください。途方もない損失です」。バレーホ市警の広報官は怒りをあらわにして、この事件はデニースとアーロンの自作自演による「狂言誘拐」と断定した。

次ページ“疑惑の恋人”にバッシングの嵐
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT