ツイッターが個人情報保護規範を変えたワケ

「どのように利用するか」を開示

 4月24日、米ツイッターは、個人情報の保護規範(プライバシーポリシー)を改め、利用者が同社に提供している情報を閲覧できる仕組みとし、個人情報の利用方法も開示すると発表した。写真はツイッターアプリのアイコン。昨年8月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[24日 ロイター] - 米ツイッター<TWTR.N>は24日、個人情報の保護規範(プライバシーポリシー)を改め、利用者が同社に提供している情報を閲覧できる仕組みとし、個人情報の利用方法も開示すると発表した。

大手インターネット企業はフェイスブック<FB.O>の個人情報流出問題を契機に利用者データの保護体制が厳しく問われており、欧州連合(EU)は5月25日から厳格な一般データ保護規則(GDPR)を施行する。

ツイッターの新たな個人情報保護規範はGDPRに対応している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。