ツイッターが個人情報保護規範を変えたワケ

「どのように利用するか」を開示

 4月24日、米ツイッターは、個人情報の保護規範(プライバシーポリシー)を改め、利用者が同社に提供している情報を閲覧できる仕組みとし、個人情報の利用方法も開示すると発表した。写真はツイッターアプリのアイコン。昨年8月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[24日 ロイター] - 米ツイッター<TWTR.N>は24日、個人情報の保護規範(プライバシーポリシー)を改め、利用者が同社に提供している情報を閲覧できる仕組みとし、個人情報の利用方法も開示すると発表した。

大手インターネット企業はフェイスブック<FB.O>の個人情報流出問題を契機に利用者データの保護体制が厳しく問われており、欧州連合(EU)は5月25日から厳格な一般データ保護規則(GDPR)を施行する。

ツイッターの新たな個人情報保護規範はGDPRに対応している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。