ツイッターが個人情報保護規範を変えたワケ

「どのように利用するか」を開示

 4月24日、米ツイッターは、個人情報の保護規範(プライバシーポリシー)を改め、利用者が同社に提供している情報を閲覧できる仕組みとし、個人情報の利用方法も開示すると発表した。写真はツイッターアプリのアイコン。昨年8月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[24日 ロイター] - 米ツイッター<TWTR.N>は24日、個人情報の保護規範(プライバシーポリシー)を改め、利用者が同社に提供している情報を閲覧できる仕組みとし、個人情報の利用方法も開示すると発表した。

大手インターネット企業はフェイスブック<FB.O>の個人情報流出問題を契機に利用者データの保護体制が厳しく問われており、欧州連合(EU)は5月25日から厳格な一般データ保護規則(GDPR)を施行する。

ツイッターの新たな個人情報保護規範はGDPRに対応している。

人気記事
トピックボードAD
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。