フェイスブックを脅かす「GDPR」とは何なのか

ネット誕生以来最大のプライバシー改革

フェイスブックは現在ユーザー数百万人分の個人情報の取り扱いに関する醜聞で動揺している(写真:ロイター)

[サンフランシスコ (ロイター)]- フェイスブックの最高経営責任者マーク・ザッカーバーグは火曜日に、フェイスブックには目下のところ情報プライバシーに関する欧州連合の厳しい新法を世界のその他の地域に全面的に適用する計画はないと述べた。同社は現在ユーザー数百万人分の個人情報の取り扱いに関する醜聞で動揺している。

ザッカーバーグはロイターの電話インタビューに、フェイスブックは同法の5月の施行に先立ち、その多くの部分を既に遵守していると語った。彼は同社は内々にプライバシーの保証を世界的に拡大したいと考えており、しかし例外も生まれることになると述べた。彼はその例外について語ることは差し控えた。

ヨーロッパ人のプライバシーは守るけれども…

「この件に関してはまだ詳細を詰めている段階だが、しかし全体に適用されるべきだと考えている」とザッカーバーグは述べた。彼は詳細は語らなかった。

彼のコメントからは、政治コンサルタント会社ケンブリッジ・アナリティカが会員5000万人のフェイスブック上のデータを入手することをフェイスブックが許可したことにその多くが今なお怒っているアメリカのフェイスブックユーザーたちが、自身の立場がヨーロッパ人のそれよりも悪いということにすぐにも気づくであろうことがうかがえる。

一般データ保護規則 (GDPR) というヨーロッパの法律は、インターネットの誕生以来最大のオンラインプライバシーに関する改革であり、自身のいかなるデータが記録されているかを知る権利およびそれを削除させる権利をヨーロッパ人に与えるものである。

アップルやその他のIT企業は、アメリカやその他の国の人々にも、ヨーロッパ人が得るのと同じ保護を与える計画を立てていると述べている。

フェイスブックの株は火曜日に0.5パーセント上昇して156.11ドルの終値となった。ケンブリッジ・アナリティカの醜聞が明らかとなった3月16日以来15パーセント減少している。

次ページデータプライバシーの追求
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT