ネットフリックスが権利を買い漁る真の狙い

これはクリエイターにとって毒か薬か?

多くのテレビスタジオはネットフリックスに「ノー」ということが難しくなっている(撮影:長瀧菜摘)

ネットフリックスのCEOを務めるデビッド・ウェルズ氏が2018年2月に公開した新しい資料は多くの人を驚かせている。

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

ウェルズ氏はメディア・テクノロジーカンファレンスで、ネットフリックスは2018年中におよそ700のオリジナルの番組を公開予定だと語った。これには、2018年にネットフリックスが公開予定の80のオリジナル映画、80の外国語オリジナル番組、そして数々の英語圏向けの番組やスタンドアップショーが含まれる。

ネットフリックスにとって、これは当然の戦略

ネットフリックスは、他社の追従を許さない全世界向けの大きなストリーミングネットワークであるとはいえ、エンタメ業界において1つのネットワークから700ものプロジェクトが公開されるというのは前例のないことだ。これは、80億ドル(約8500億円)にも及ぶ、ネットフリックスの2018年におけるコンテンツ予算の一部を狙う、テレビスタジオやデジテルメディア企業などの制作元にとっても大きなチャンスだ。1億1180万人のユーザーの関心を満たせるように、あらゆるコンテンツの提供をもくろむネットフリックスにとって、これは当然の戦略だといえる。

「700という大きな数字だが、それを気にしている人などいない。だが理論的には、サブスクリプションを継続するうえで、コンテンツがたくさんあることが多くの人の満足感に繋がっている」と、ネットフリックスで番組を持つ、長年テレビ・デジタル部門のトップを務める人物は語った。「これはバカげたやり方などではない。なんだかんだで見てしまう、これまでのテレビのやり方とは違って見えるだけだ」

だが、制作者側にはチャンスがある一方で、番組を見つけて視聴されるという確約のないまま、肥大化するコンテンツの海のなかで番組が埋もれてしまうリスクもある。

ネットフリックスからは、この記事に関するコメントをもらうことはできなかった。

次ページNOと言うのは難しい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT