家造りから「大工」が消える?効率化の光と影

木造住宅の変化で人知れず消える技術と道具

厳しい状況に置かれた大工だが、一縷(いちる)の望みも残されている。リフォーム市場だ。

仕様が決まっている新築住宅とは異なり、既存住宅の補修・改築の方法は千差万別。大量生産を得意とするプレカットが苦手とする分野で、「リフォーム市場は視野に入れていない」(北大路専務)。

リフォーム市場に活路

森の恵や岩木屋木工でも、住宅の修繕やリフォームの需要が大半だ。「既製品では対応できない工事もたくさんあるうえ、改築する場所以外の部分を傷つけずに施工するには技術がいる」(岩木代表)。

大手ゼネコンからも伝統建築や和室の工事の依頼が舞い込むなど、新築以外に目を向けると、大工の腕が頼りの場面はまだまだ多い。

東証1部上場で中古住宅の再生事業を手掛けるカチタスは、「プレカットは新築での施工は容易だが、リフォームでは在来工法(大工による施工)とあまり変わらないか、むしろ難しくなる。大量の木造住宅をリフォームするうえで、優秀な大工はたいへん有用な存在」と語る。年間の木造住宅取扱い戸数の増加に伴い、大工に外注する工事量も増えているという。

手仕事と機械とのせめぎ合いは、どの業界でも行われてきた。大工が家造りの担い手でい続けられるか、正念場だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナショック、企業の針路
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。