「正論」だけの上司が組織を衰退させる理由

不適切な命令は部下を「思考停止」に陥らせる

メンバーの納得感を高めるために必要なことは何か(写真:sasaki106 / PIXTA)
IT業界出身の人事コンサルタントである小笠原隆夫氏による連載「リーダーは空気をつくれ!」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

正しくても納得感の低いリーダー

チームとしての力を高めるためには、それぞれのメンバーがチーム全体の意図に合った行動をしなければなりません。リーダーはチームの方針や目標に基づいて、各メンバーの仕事内容や行動のしかたを指示しますが、すべてのメンバーが100%の納得感を持って仕事をするのは、なかなか難しいことです。命令という形で無理にでもやらせるしかない状況は、多くのリーダーが経験していることでしょう。しかし、メンバーが納得しないままの命令や強制を繰り返していると、それぞれのメンバーの行動力は徐々に鈍り、いつしか自分たちで考えることをやめ、チームとしての力はどんどん低下していってしまいます。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

いかにメンバーが納得感を持って仕事をするかということは、チームづくりのうえではとても大切です。しかし、メンバーから納得を得られるリーダーに共通しているのは、指示や命令の際の「論理」と「感情」の使い分けが絶妙だということです。今回はリーダーとして、メンバーの納得感を高めるために必要なことをお伝えします。

あるIT会社のリーダーYさんは、技術知識やスキルの高さが認められ、最近チームリーダーの役割を担うようになりました。理系大学出身で何でも論理的に考える、いかにも技術者といった雰囲気のリーダーです。メンバーへの接し方もこの雰囲気通りで、どんな些細なことでも丁寧に、理解しやすいように論理的に話をします。リーダーになってからは、メンバーとのコミュニケーションも積極的に意識し、できるだけ多くのことを話し合うように心がけています。

チームが担当するプロジェクトは、頻繁な顧客要望、突発的なトラブル、その他事前に予定を組むことが難しい仕事も多く、対外的な調整事項もあり、仕事としてはなかなか厳しいものです。しかし、Yさんは何かある度に関係するメンバーには細かく状況を説明し、メンバーたちからも状況を聞き、そのうえで業務指示をしています。常に説明をしてコミュニケーションをとっていたので、チーム運営はうまくいっていると思っていました。

次ページある日、メンバーが不満をぶつけてきた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。