アップル「100%再生エネルギー」の深い意義

難関だった日本でもついに「100%」に

リサ・ジャクソン氏(写真:アップル)

アップルという巨大企業を運営する上では、いうまでもなく電力が必須だ。オフィスや直営店に加えて、データセンターでも膨大な電力を消費する。アップルは2011年から取り組みを始め、2014年に米国や中国で100%を達成し、これまでのところ「グローバルでは96%」と進捗状況を伝えてきた。

今回の100%達成発表についてリサ・ジャクソン氏は、「非常に喜ばしいマイルストーン」と語った。その理由は、彼女のキャリアにも関係している。

ジャクソン氏は化学エンジニアの学位を修め、米国環境保護庁でキャリアをスタートした女性科学者。2008年から2013年までのオバマ政権時代には、同庁の長官として米国の環境政策、気候変動の問題に対処する対策を主導してきた人物である。

その後2013年にアップルに転じて現職を務めるが、そのことについて「夢の仕事だ」と表現する。

これまで米国1カ国に関する取り組みを進めてきたが、アップルは世界中に拠点があり、世界中の人々が製品を使っている。より大きなスケール、まさに地球規模で気候変動に取り組む舞台に立ったからだ。

アップルに入社する際、ティム・クックCEOからはこんな言葉をかけられたという。「アップルの製品を使い人々が暮らすことと、地球を守ることは同義であるべきだ」。

「クローズドループ・サプライチェーン」を目指す

アップルは環境対策として、再生可能エネルギーへの転換や有害物質を使わないこと、またカーボンフットプリントの削減に取り組んでいる。またiPhoneなどのアップル製品の回収と資源のリサイクルを進めており、将来、リサイクル資源100%で新たな製品を作りだすことを本当に目指している。このことを「クローズドループ・サプライチェーン」と呼んでいる。

こうした数々の取り組みの中で、今回の再生可能エネルギーへの転換の完了は、一つのプロジェクトの終わりでもあり、また始まりとなった。

今回の発表で、米国、中国、英国、インド、そして日本を含むあらゆる国でのオペレーションが、100%再生可能エネルギーで賄われるようになった。その方法も、排出権取引のように消費した分の電力を再生可能エネルギーを購入するのではない。

次ページ日本は難しい国だった?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?