音楽配信スポティファイ、「お得感」は2兆円?

統計には決して載らないデジタル化の衝撃度

スポティファイが生み出している価値とは?(写真:martin-dm/iStock)
音楽や本などのコンテンツがデジタル化されると、複製コストがほぼゼロになるため、価格が劇的に低下する。消費者は、それらがアナログだった時代と同じように楽しめるが、価格が安くなっているので、昔と比べて大きな「お買い得感」を得ている。
その「お買い得感」を野村総合研究所(NRI)が試算したところ、たとえばスポティファイという音楽配信企業の場合、全世界で約2兆円に上るという。
デジタル資本主義』はこうした数字が何を意味し、デジタル化が進むと経済社会はどうなるか、という疑問を解き明かす。

音楽配信はCD購入よりどれだけお得?

スポティファイを例に、デジタル化による消費者の「お買い得感」を試算してみたい。

スポティファイは、スウェーデン発の音楽配信企業だ。消費者は有料ユーザーになるか、無料ユーザーになるかをまず選ぶ。有料ユーザーは毎月980円(米国では9.99ドル)の定額料金を支払うことで、4000万曲近くにアクセスすることができ、ダウンロードも可能である。

『デジタル資本主義』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

無料ユーザーも同じく4000万曲近くにアクセスできるが、ダウンロードはできず、数曲に1回は強制的にCMが流れる。

2017年6月時点で、同社のアクティブユーザー数は全世界で1億4000万人、うち有料ユーザーは6000万人だという(同社ホームページより)。

スポティファイには2つの事業がある。本業の音楽配信と、広告主に対するCMスポット販売である。それらの事業が消費者と生産者、すなわちスポティファイ自身に何をもたらすかを考えてみよう。

次ページ無料ユーザーでも、5000億円のお得感
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT