またドイツで自動車突入、死傷者多数の惨事

ミュンスター旧市街の人気レストランで

事件のあった現場の様子(写真:ロイター)

【ミュンスター(ドイツ)】 ドイツ西部のミュンスター旧市街にある人気レストランの外に座っている人々をめがけて自動車が突入。2人が死亡し、運転手が自殺した。地元警察当局が明らかにした。

この自動車は観光客に人気のレストラン「Grosser Kiepenkerl」の外にあるテーブルに座っている人たちをめがけて突進した。

負傷者は20人で、そのうち6人が重体

警察当局のスポークスマンは、「7日15時27分(日本時間では8日0時27分)、自動車がレストランの外部エリアに突入。死亡したのは3人。負傷者は20人で、そのうち6人が重体だ」と述べた。犯人は車内で自殺した。

事件はミュンスターの旧市街で起きた(写真:ロイター)

犯人の身元はまだ明らかにされていない。「今回の攻撃(の背景)について語るのは早すぎる」としながらも、警察の広報担当者は「危険は去った」と述べた。

今回の事件は、ストックホルムでトラックによる攻撃を受けて5人が死亡した1日後に起きた。また、ベルリンで2016年12月19日に起きたトラックによる攻撃を想起させるものだ。このときの攻撃ではトラックを奪われた運転手を含む12人が死亡している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT