イオンが若手従業員20万人に1万円配るワケ

2018年2月期の連結業績予想を上方修正

 4月2日、イオンは2018年2月期連結業績の上方修正を受けて、従業員と株主に還元する方針を発表した。都内の同社のスーパーで2013年1月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai/File Photo)

[東京 2日 ロイター] - イオン<8267.T>は2日、2018年2月期連結業績の上方修正を受けて、従業員と株主に還元する方針を発表した。グループの若手従業員約8万人とパート従業員約12万人の計20万人に、1人につき1万円を支給する。また、19年2月期の増配も実施する計画だ。

イオンは、総合スーパー(GMS)の改善やコスト削減により、3月28日に18年2月期連結業績予想の上方修正を行った。その際、純利益予想は210億円としていたが、従業員への還元を実施しても、240億円程度にさらに上振れる見通しだという。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。