イオンが若手従業員20万人に1万円配るワケ

2018年2月期の連結業績予想を上方修正

 4月2日、イオンは2018年2月期連結業績の上方修正を受けて、従業員と株主に還元する方針を発表した。都内の同社のスーパーで2013年1月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai/File Photo)

[東京 2日 ロイター] - イオン<8267.T>は2日、2018年2月期連結業績の上方修正を受けて、従業員と株主に還元する方針を発表した。グループの若手従業員約8万人とパート従業員約12万人の計20万人に、1人につき1万円を支給する。また、19年2月期の増配も実施する計画だ。

イオンは、総合スーパー(GMS)の改善やコスト削減により、3月28日に18年2月期連結業績予想の上方修正を行った。その際、純利益予想は210億円としていたが、従業員への還元を実施しても、240億円程度にさらに上振れる見通しだという。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT