イオンが若手従業員20万人に1万円配るワケ

2018年2月期の連結業績予想を上方修正

 4月2日、イオンは2018年2月期連結業績の上方修正を受けて、従業員と株主に還元する方針を発表した。都内の同社のスーパーで2013年1月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai/File Photo)

[東京 2日 ロイター] - イオン<8267.T>は2日、2018年2月期連結業績の上方修正を受けて、従業員と株主に還元する方針を発表した。グループの若手従業員約8万人とパート従業員約12万人の計20万人に、1人につき1万円を支給する。また、19年2月期の増配も実施する計画だ。

イオンは、総合スーパー(GMS)の改善やコスト削減により、3月28日に18年2月期連結業績予想の上方修正を行った。その際、純利益予想は210億円としていたが、従業員への還元を実施しても、240億円程度にさらに上振れる見通しだという。

(清水律子)

人気記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。