イオンが若手従業員20万人に1万円配るワケ

2018年2月期の連結業績予想を上方修正

 4月2日、イオンは2018年2月期連結業績の上方修正を受けて、従業員と株主に還元する方針を発表した。都内の同社のスーパーで2013年1月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai/File Photo)

[東京 2日 ロイター] - イオン<8267.T>は2日、2018年2月期連結業績の上方修正を受けて、従業員と株主に還元する方針を発表した。グループの若手従業員約8万人とパート従業員約12万人の計20万人に、1人につき1万円を支給する。また、19年2月期の増配も実施する計画だ。

イオンは、総合スーパー(GMS)の改善やコスト削減により、3月28日に18年2月期連結業績予想の上方修正を行った。その際、純利益予想は210億円としていたが、従業員への還元を実施しても、240億円程度にさらに上振れる見通しだという。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT