ソニー「ハプティックベスト」は4Dを超えるか

シーンに合わせ振動するベストを映画初投入

上映中のシーンに合わせて、着用するベストを通じて振動や衝撃を伝える、新しい形の鑑賞方法が生まれた(編集部撮影)

特殊なベストを装着して、劇中の振動・衝撃を体感できる――。映画鑑賞にまた新しい技術が導入された。

ソニーが研究・開発を進めている最先端テクノロジー「ハプティクス技術」(触覚提示技術)を用いた映画興行「超体感シネマ 『マジジュマンジ』」が、3月29日にオープンしたばかりのシネコン「TOHOシネマズ日比谷」にて、4月5日までの期間限定で行っている。

ハプティクス技術とは、人間の五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)のひとつである「触覚」を、振動デバイス等を使って人工的に作り出し、疑似的に再現する技術のこと。視覚、聴覚と同様に、長年オーディオ分野で培ってきた信号処理技術に基づいた、「身体で感じる新感覚のインターフェース」となる触覚提示の技術を研究・開発し続けてきたという。

映画の振動や衝撃を身体で感じられる

そして、映像・音響技術とを統合したシステム、「ハプティックベスト」を開発。同様の仕組みは、これまで舞台やゲームで使用されたことはあるが、映画の興行で使用されるのは初めて。ベストを着た映画鑑賞システムも世界初となる。

ハプティックベストは、ベストの中に10個の振動デバイスを搭載し、 振動パターン、衝撃の強弱によって無限大の組み合わせが可能。さらに、複数の振動デバイスを連動させた制御により、多様なシーンをリアルに再現することが可能になった。

次ページベストを装着して映画を鑑賞
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。