ソニー「ハプティックベスト」は4Dを超えるか

シーンに合わせ振動するベストを映画初投入

今回のプログラミングは日本で行われた。同作を配給するソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの堀内啓映画マーケティング部エグゼクティブディレクターは「専門のプログラマーにお願いしたのですが、その都度、試写を行って調整していきました。たとえば、格闘シーンでは、全部にアクションがついていたが、そこからあえて殴られるところをメインに動きををつけ変えた。(主役の)ドウェイン・ジョンソンに殴られる機会もなかなかないですから」と明かす。

こうした逃げるシーンなど、さまざまシーンに合わせて振動や衝撃を”ベストに表現”させている (写真:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

さらに、映画冒頭に出てくるソニーのロゴに合わせて振動を起こし、後半の感動シーンではさざ波のように動いて、感動を増幅させる。もちろんドキドキするシーンでは、心臓の鼓動のような振動を加えている。「アクションだけでなく、感情を増幅させるような演出を行うべくディスカッションを積み重ねました」(堀内氏)。なによりも、作品そのものがアクションが多く、“ハプティクス化”しやすかったのも大きかったかもしれない。

既存設備に設置可能、導入コスト減に期待

このシステムは、既存の劇場内の各座席にハプティックベストを仕込むため、4Dシアターのような大規模工事をして新たに劇場設備を造る必要はない。だから導入コストを抑えることが可能だ。とはいえ、プログラミングおよびセッティングなどの準備にはある程度の時間がかかるため、営業中の映画館に仕込むにはハードルが高い。今回はTOHOシネマズ日比谷がオープンするということもあり、前もって設備を仕込むことができたということも大きかった。

「うちがほかのスタジオと違うのは、親会社ソニーの技術が生かせるということ。うちのコンテンツと、ソニーの技術を重ねることで、新しい付加価値を生むことができる。さらに技術、興行、配給という3社のタイミングがうまく合ったことで、この企画が実現できた」(堀内氏)

配信などの躍進により、映画を手軽に観られる時代となっている。そんな中で興行各社も、IMAX、爆音上映、応援上映など、プラスアルファの付加価値を付ける”演出上映”で、劇場に足を運んでもらおうと模索している。

「今回はあくまでもオープニングイベントの一環としてやるものなので、8日間限定となります」(TOHOシネマズ・マーケティング部の中嶋博明氏)と語る通り、3月29日から4月5日までの期間限定上映企画となる。「今後の上映は未定。まずはこの日比谷の興行が成功してから」(堀内氏)とのことだが、座席予約がすぐに売り切れるなど、早くも評判となっている。今後の興行界が手掛ける一手として注目しておきたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。