「ユーロトンネル」はバスを積んだ列車が走る

英仏海峡下を走るのは高速列車だけじゃない

貨車に入る瞬間をバス車内から撮ってみた(筆者撮影)

ル・シャトルは車載用貨車、および車が貨車に入るための出入り用の車両が連結されている。乗用車やバイクを載せる貨車は2階建てとなっている。これらが全長700mを超える長大編成となっている。自動車はル・シャトルの最後尾から入って、順々に前に向かって走り、前方が詰まったところで停める。雰囲気は細い地下駐車場に入って行くような感じだ。自動車が所定の位置に停車し、車両連結部のドアを閉めてから発車。その後列車は海峡を潜り、対岸に着いたらエンジンをかけ、先頭まで走ってホームへ出る、といった流れとなる。

乗客は海峡横断の間、自分のクルマや乗って来たバスの中で過ごしてもいいが、貨車の通路や空いている場所に出て(ただし、いすはない)おしゃべりなどしていても構わない。トイレも設けられている。走行中の35分がなんとも退屈なので、バスの乗客たちも「何か飲食物でも売りに来てくれたらうれしいのにね」と語り合っていた。

トンネルの持ち主は誰か

では、ユーロトンネルは誰の持ち物なのだろうか。トンネルはゲットリンク(Getlink)という会社が運営している。なんとも意味不明なネーミングだが、元々の会社名である「グループ・ユーロトンネル」の頭の文字(GとEとT)をそれぞれ取ったもの。ゲットリンクの名は2017年11月から使っている。

同社は英仏のゼネコンや銀行などの出資により設立された。英仏両国政府からの出資は合わせて3%しかなく、ほぼ民間会社だ。主な収入はル・シャトルの運賃で、これが売上高の半分以上を占める。そのほかユーロスターのトンネル使用料と貨物列車による収入がある。

一般の人々の間ではユーロスターのおかげで「高速列車で英国が欧州大陸と陸続きとなっている」という印象で語られることが多いが、実は、トンネル経由で海峡を渡る利用者数で見ると、ユーロスターよりもル・シャトルの方が多い。

こうしてユーロトンネルの「使い道」を見て行くと、高速列車だけでなく貨物列車、そしてクルマ、バイクやバス、トラックをも含めたあらゆる陸上交通機関をすべて収容できる作りとなっている。つまり、高速列車のユーロスターだけを優先して所要時間の短縮を進めるのではなく、貨物列車やル・シャトルの速度とのバランスも取りながらすべての利用者にとってwin-winな運行を行なっているというわけだ。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • iPhoneの裏技
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT