27日寄り付きの日経平均は続伸、米株高好感

一時2万1000円台回復、貿易戦争の懸念後退

 3月27日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比192円80銭高の2万0958円90銭となり、続伸して始まった。写真は都内の証券会社の前で2013年3月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 27日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比192円80銭高の2万0958円90銭となり、続伸して始まった。

寄り付き後に上げ幅は200円を超え、2万1000円台を回復した。米中貿易戦争への懸念が後退し、前日の米国株が大幅高、為替は円安方向に振れるなど外部環境の改善を背景に幅広く買いが先行した。

電機、非鉄が買われ、銀行、機械などもしっかり。半面、石油関連はさえない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT