27日寄り付きの日経平均は続伸、米株高好感

一時2万1000円台回復、貿易戦争の懸念後退

 3月27日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比192円80銭高の2万0958円90銭となり、続伸して始まった。写真は都内の証券会社の前で2013年3月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 27日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比192円80銭高の2万0958円90銭となり、続伸して始まった。

寄り付き後に上げ幅は200円を超え、2万1000円台を回復した。米中貿易戦争への懸念が後退し、前日の米国株が大幅高、為替は円安方向に振れるなど外部環境の改善を背景に幅広く買いが先行した。

電機、非鉄が買われ、銀行、機械などもしっかり。半面、石油関連はさえない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT