「日本株が3月中旬以降上昇する」と読む理由

長期の上昇トレンドは崩れていない

米ナスダックは一足先に史上最高値を更新。日本株も上昇気流に乗りたいところだ(写真:まちゃー/PIXTA)

注目の米国2月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が前月比31万3000人増と市場予想を大幅に上回った。それを受けての先週9日のダウ工業株30種平均は、440ドル高の2万5335ドル、ナスダックも132ポイント高の7560ポイントと大幅続伸した。

ナスダックは一足先に史上最高値を更新

ナスダックは今回の世界的な波乱を克服し、1月26日以来約1カ月半ぶりに史上最高値を更新した。雇用統計発表で一連の重要イベントが終了。波乱になりやすいとされる「メジャーSQ」(先物とオプション双方の特別清算指数)算出日も通過しており、日経平均株価(9日現在2万1469円)はダブルボトム(2月14日と3月5日の2点底)の完成を目指すことになりそうだ。

もちろん、そのためには2月27日の戻り高値2万2502円(取引時間中)を抜ける必要がある。だが、長期の動向を見るうえで市場関係者が重要視している200 日移動平均線を割れたのは、わずか1日だけだ。しかも、今後の株価のトレンドを示すと言われる移動平均線の「向き」は、上方向(上向き)を維持している。

このように長期のトレンドが崩れていないのだから、「戻り高値抜け」は時間の問題ということになる。需給面では、外国人投資家の売りが、最近の売り越し金額の多さから言っても、日柄(日数)から言っても、そろそろ終わるころだ。個人投資家(現物ベース)は4年ぶりとなる6週連続の買い越しだが、証券会社の現場の話を総合すると、こちらの買いは始まったばかりで、需給面でも上値を狙えそうだ。

ここへ来て、米国と北朝鮮の首脳会談が現実味を帯びるなど、北朝鮮問題が進展を見せている。だが、やはりそれらの材料を織り込むドル円相場のレベルが、今後の日本株の株価水準のカギを握りそうだ。年末年始にはドル円に関係なく株高となっていたが、今回の急落で逆に連動性が出てしまった。これはファンド筋の「懐事情」だろう。

次ページドル円相場に影響を与えそうなイベントは?
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ザ・名門高校 校風、進学実績、人脈の大研究

復活の日比谷、すごいOBネットワークを持つ開成・灘…。名門と呼ばれるのには「ワケ」がある。歴史、校風、進学実績、そして人脈。北海道から沖縄まで全国の高校を徹底研究。